アイスプラントの旬、味、下処理方法、食べ方、栄養、効能

Sponsored Link

アイスプラントはハマミズナ科メセンブリアンテマ属の野菜です。

アイスプラントの名前の由来は葉の表面が凍ったように見えるからです。

葉の表面が凍ったように見えるのは、表皮に塩を隔離するための細胞があるからです。

アイスプラントの原産地は、ヨーロッパ・西アジア・アフリカと考えられています。

 

次に、アイスプラントの栄養・選び方・保存方法・アイスプラントの旬・アイスプラントの美味しい食べ方・アイスプラントの味などの紹介をします。

 

アイスプラントの栄養

 

fp02_001

 

アイスプラントの栄養成分は、β‐カロテン・ビタミンK・カリウム・マグネシウム・クエン酸・リンゴ酸・ピニトール・イノシトール・プロリンなどです。

β‐カロテンには、発ガン予防・動脈硬化予防・免疫力アップの働きがあります。

β‐カロテンは体内でビタミンAに変化します。

ビタミンKは、骨粗鬆症予防・動脈硬化改善・脂肪肝改善・血液凝固予防に役立ちます。

カリウムには、体内の余分な塩分を排出する働きがあります。

カリウムは、高血圧予防・むくみ予防・脳卒中予防に役立ちます。

マグネシウムは動脈硬化や心臓病の予防に役立ちます。

クエン酸やリンゴ酸には、疲労物質を取り除く働きがあります。

ピニトールには、血糖値を下げる作用や糖尿病改善・不妊症改善の働きがあります。

イノシトールには、中性脂肪抑制・神経細胞や筋肉組織への働きなどがあります。

プロリンには、美肌効果・関節痛改善・ダイエット効果などがあります。

次に、アイスプラント選び方・保存方法・アイスプラントの旬・アイスプラントの美味しい食べ方・アイスプラントの味などの紹介をします。

 

アイスプラントの選び方と保存方法

 

c3ac6945e39c57f8058977bcebc70b3a_t

 

新鮮で美味しいアイスプラントの選び方のポイントを紹介します。

・葉や茎がみずみずしいもの

・葉や茎にキズや変色がないもの

・切り口が新鮮で瑞々しいものになります。

アイスプラントは乾燥しやすい野菜です。

アイスプラントを保存するときには、ビニール袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。

冷蔵庫の野菜室で保存すれば4~5日は食べられます。

アイスプラントは食感が魅力の野菜です。

新鮮なうちにアイスプラントの食感を楽しんでください。

次に、アイスプラントの旬・アイスプラントの美味しい食べ方・アイスプラントの味などの紹介をします。

 

アイスプラントの食べ方

 

アイスプラントの旬は通年です。

通常は室内で水耕栽培される野菜なので通年で食べられます。

アイスプラントは家庭でも栽培できます。

種を2~3月頃に撒けば6~7月頃に収穫できます。

生育温度は5~25℃です。

アイスプラントの食べ方はサラダがおススメです。

軽い塩味が付いているのでサッと水洗いしてそのまま食べられます。

アイスプラントには軽い塩味が付いているので、サラダで食べる時はドレッシングや塩は控えめにした方が美味しく食べられます。


PAGE TOP