胡椒に塩分は含まれる?黒胡椒、白胡椒で塩分相当量は違う?

Sponsored Link

胡椒(こしょう)にも塩分は含まれていますが塩分相当量はどの程度でしょうか?

黒胡椒に含まれる塩分と白胡椒に含まれる塩分は気にしなければいけないのでしょうか?

胡椒は、コショウ科コショウ属のつる性植物を原料とする香辛料になります。

胡椒の原産地はインド地方になります。

昔は、医薬品や通貨としても使われるなどたいへん貴重で高価なものでした。

今では多くの過程で使われている万能調味料として人気があります。

料理では塩と胡椒をかけるだけで旨みがグッと増して味が引き締まります。

胡椒には4つの種類があります。

ブラックペッパー(黒胡椒)・ホワイトペッパー(白胡椒)・グリーンペッパー(青胡椒)・ピンクペッパー(赤胡椒)です。

 

次に、胡椒のこと・胡椒の塩分相当量・黒胡椒の使い方と塩分量・白胡椒の使い方と塩分量について紹介します。

 

胡椒

 

66dbe3e5096daefc8a46d938e60478e6_t

 

胡椒には、ブラックペッパー(黒胡椒)・ホワイトペッパー(白胡椒)・グリーンペッパー(青胡椒)・ピンクペッパー(赤胡椒)の4種類があります。

ブラックペッパー(黒胡椒)は、完熟前の緑色の実を発酵させた胡椒です。

ホワイトペッパー(白胡椒)は、完熟した赤い実の皮をむいた胡椒です。

グリーンペッパー(青胡椒)は、完熟前の緑色の実を発酵させない胡椒です。

爽やかな風味で辛味もほとんどないグリーンペッパー(青胡椒)は、調味料としてよりも彩りとして使われることが多いようです。

ピンクペッパー(赤胡椒)は、完熟した赤い実の皮をむかない胡椒です。

マイルドな風味で辛味もないピンクペッパー(赤胡椒)は、調味料としてよりも彩りとして使われることが多いようです。

ピンクペッパー(赤胡椒)はグリーンペッパー(青胡椒)と同じく彩りに使われることが多いですね。

次に、胡椒の塩分相当量・黒胡椒の使い方と塩分量・白胡椒の使い方と塩分量について紹介します。

 

胡椒の塩分

 

sp_pepper-1

 

胡椒にはビタミン類は若干しか含まれていませんがミネラル類が多く含まれています。

胡椒に含まれているミネラル類は、カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄分・ナトリウムなどです。

胡椒小さじ一杯(2g)当たりでは、カリウム13.6mg・カルシウム6.6mg・マグネシウム2.4mg・リン3mg・鉄分0.27mg・ナトリウム0.7mgになります。

胡椒の辛み成分の「ピペリン」には、抗酸化作用・血行促進作用やアドレナリンの放出を促進する働きがあります。

脂肪燃焼によるダイエットに期待が集まっています。

胡椒の塩分相当量は小さじ一杯でナトリウム0.7mgです。

胡椒は調味料でも一回あたりに使う量は少ないので塩分摂取量は少ないと考えられます。

次に、部ラップペッパー(黒胡椒)の使い方と塩分量・ホワイトペッパー(白胡椒)の使い方と塩分量を紹介します。

 

黒胡椒と白胡椒

 

胡椒の塩分相当量は小さじ一杯(2g)でナトリウム0.7mgです。

使う量が少ない香辛料なので塩分摂取を気にすることはありません。

ブラックペッパー(黒胡椒)は、風味や辛味が強いのが特徴の香辛料です。

ブラックペッパー(黒胡椒)は、下ごしらえや味付けに最適な香辛料です。

ブラックペッパー(黒胡椒)は肉料理におススメです。

料理の塩分量を抑える為にブラックペッパー(黒胡椒)を使いませんか。

ホワイトペッパー(白胡椒)は柔らかい風味が特徴の香辛料です。

ホワイトペッパー(白胡椒)は魚料理によく合う香辛料です。

料理に胡椒の色をつけないので、料理の仕上げに使われることが多いですね。

塩分を減らすために使っている人もいます。


PAGE TOP