ブロッコリーを冷凍保存する時は、生と茹でた後のどちらがよい?

Sponsored Link

ブロッコリーの和名は、「芽花野菜」・「芽花椰菜」(メハナヤサイ)や、「緑花野菜」・「緑花椰菜」(ミドリハナヤサイ)です。

アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜になります。

イタリアで品種改良された、花を食用とするキャベツの一種です。

ブロッコリーは地中海沿岸が原産地です。

食用とするのはつぼみの状態の花序と茎になります。

ブロッコリーの品種には、

・「ピクセル」・「エンデバー」・「グリーンベール」・「シャスター」

・「パラグリーン」・「マーシャル」・「チャレンジャー」

・「海嶺」・「雷鳴」・「緑炎」・「緑帝」・「緑笛」・「緑嶺」などがあります。

ブロッコリーは栄養成分が豊富に含まれている緑黄色野菜です。

ブロッコリーの上手な冷凍保存を知って美味しく食べませんか。

ブロッコリー(冷凍)をつかった美味しい料理を知っていれば皆を楽しませられます。

ブロッコリー(冷凍)に含まれる栄養成分を美容と健康に役立ててください。

 

次に、ブロッコリーの栄養成分・ブロッコリーの保存方法(冷凍保存など)・ブロッコリーを冷凍保存したらそのまま調理する?ブロッコリー(冷凍)の栄養を生かした料理などを紹介します。

 

ブロッコリーの栄養成分

 

131b5ff5ce0e60c86bda4a13212aef33_t

 

ブロッコリーに含まれている栄養成分では、ビタミンC・葉酸・ビタミンK・ビタミンEが豊富です。

ブロッコリーのビタミンC含有率はレモンよりも多いとされています。

ビタミンCは、疲労回復・風邪予防・ガン予防・アンチエイジングに役立ちます。

葉酸はDNAの合成や調整に関わっている成分です。

葉酸が不足すると舌炎や精神神経異常の可能性が高まります。

ビタミンK・ビタミンEは健康生活をサポートするビタミン類です。

次に、ブロッコリーの保存方法(冷凍保存など)・ブロッコリーを冷凍保存したらそのまま調理する?

ブロッコリー(冷凍)の栄養を生かした料理などを紹介します。

 

ブロッコリーの保存方法(冷凍保存など)

 

publicdomainq-0010556sym

 

ブロッコリーの保存での適温は0~5℃になります。

ブロッコリーは生のままでも茹でても常温保存には適しません。

ブロッコリーは冷蔵保存と冷凍保存があります。

生のブロッコリーを冷蔵保存するときには、周りの葉を取り除いてから冷蔵庫の野菜室に保存します。

軽く湿らせた新聞紙やキッチンペーパーに包んでからラップに包むか、ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。

購入後2日以内に湯がいた方が良いですね。

生の状態での冷蔵保存の賞味期限は2~3日になります。

茹でたブロッコリーの賞味期限は1~3日になります。

ブロッコリーは冷凍保存すれば長期間食べられます。

冷凍保存する前に、ブロッコリーを小分けにして湯がきます。

水気を切ったらジップ付きの袋に入れて冷凍保存します。

冷凍保存する前の茹ですぎには注意してください。

次に、ブロッコリーを冷凍保存したらそのまま調理する?ブロッコリー(冷凍)の栄養を生かした料理などを紹介します。

 

ブロッコリー(冷凍)を使った料理

 

ブロッコリーを冷凍保存したら、自然解凍をするか・ブロッコリー(冷凍)をそのまま電子レンジに入れて20~40秒解凍します。

ブロッコリー(冷凍)は栄養豊富な緑黄色野菜です。

サラダ・スープ・煮物・炒め物で美味しく食べられます。


PAGE TOP