前日に切ったきゅうりを長持ちさせる方法、保存方法

Sponsored Link

きゅうりを日持ちさせる方法を知っていれば旬を楽しめます。

切ったきゅうりの保存方法はどうしていますか?

みずみずしいきゅうりでも前日に切ったものは美味しくありません。

きゅうり(切る)を美味しく保つ方法はあるのでしょうか。

切ったきゅうりを冷蔵庫で1週間保存できる方法を知っていれば役立ちます。

きゅうりはウリ科キュウリ属の淡色野菜です。

原産地はヒマラヤと言われています。

江戸時代ごろまでは黄瓜(きうり)と呼ばれていたそうです。

きゅうりの漢字表記の「胡瓜」は、中国名の漢字をそのまま当て字にしたものです。

1960年代頃までは半白きゅうりが主流でした。

現在は、見た目がよく白イボの全体が濃い緑のきゅうりになっています。

きゅうりの表面の刺のようなものには、白いものと黒いものがあります。

白いぼ系は生で食べると美味しく、黒いぼ系は漬物に適したきゅうりです。

近年はハウス栽培の技術や品種改良などが進んで、白いぼ系が通年収穫できるようになりました。

 

次に、きゅうりを日持ちさせるには・切ったきゅうりの保存方法・きゅうりを前日に切って(切る)長持ちさせるには・きゅうりを冷蔵庫で1週間保存できる?などの紹介をします。

 

きゅうりの旬と選び方

 

yasai_p01_d_11

 

きゅうりは通年で食べられる淡色野菜です。

当たり前のように毎日食べられる淡色野菜の代表的なものですが、本来の旬は夏になります。

きゅうりが美味しい時期は6~9月頃までになります。

夏以外の季節にハウス栽培などで収穫されたものと比べて2倍くらいのビタミンCなどの栄養成分を含んでいると言われています。

旬の頃のきゅうりは価格も安くなるので、料理におススメの淡色野菜になります。

きゅうりは、イボが残っていてチクチクするくらいのものを選んでください。

持った時にズッシリ感があって、果肉が硬くしっかりとしている手触りのものにします。

きゅうりは曲がっていても味は変わりません。

野菜の直売所には曲がったきゅうりが安く売られていたりするのでおススメです。

次に、きゅうりを日持ちさせるには・切ったきゅうりの保存方法・きゅうりを前日に切って(切る)長持ちさせるには・きゅうりを冷蔵庫で1週間保存できる?などの紹介をします。

 

きゅうりの保存方法

 

kyjimage

 

切っていないきゅうりを日持ちさせるには冷蔵保存をおススメします。

きゅうりを冷蔵保存するときには冷やし過ぎに注意が必要です。

きゅうりは冷やしすぎると傷みやすくなります。

新聞紙などで包んでビニール・ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

切ったきゅうりの保存方法には冷凍保存があります。

スライスしたきゅうりを塩もみして軽く絞ってから小分けにして冷凍保存します。

食べる時には、冷蔵庫に移して自然解凍して食べます。

冷凍保存したきゅうりは和え物にします。

きゅうりを冷凍保存すれば食感が失われます。

サラダで食べるには冷蔵保存したきゅうりになります。

きゅうりを前日に切って(切る)長持ちさせるには冷蔵保存と冷凍保存があります。

次に、切ったきゅうりを冷蔵庫で1週間保存できる?の紹介をします。

 

冷蔵庫で1週間

 

購入したきゅうりを日持ちさせるには、冷蔵庫の野菜室での保存をおススメします。

切った きゅうりの保存方法は冷凍保存と冷凍保存があります。

きゅうりを前日に切って(切る)長持ちさせるには、冷蔵保存と冷凍保存があります。

冷蔵保存では、切ったきゅうりに塩をまぶして保存します。

冷凍保存では、切ったきゅうりを塩もみして水気を絞って保存します。

切ったきゅうりを冷蔵庫で1週間保存するには、塩をまぶして冷蔵保存するほうが良いですね。

使う時には、塩を洗い流せば和え物やサラダに使えます。


PAGE TOP