かき菜の旬な時期、栄養、食べ方、保存方法。菜の花との違い

Sponsored Link

かき菜はアブラナ科アブラナ属の野菜です。

アブラナ科の「なばな」の在来種とされるかき菜は、栃木県の両毛地域で古くから栽培されています。

栃木県の伝統野菜のかき菜の名前は、伸びてくる若い花芽の部分を掻き取って収穫することが理由のようです。

両毛地域以外の北関東では、「なばな類」の事をかき菜と呼ぶことが多く、「宮内菜」・「芯切菜」もかき菜と呼ばれています。

かき菜は菜の花の一種の「洋種なばな」に分類される品種になります。

菜の花をかき菜と呼ぶ地域もあります。

チンゲン菜・小松菜などのアブラナ科の新芽と同じく、お浸しや炒め物で食べられます。

 

次に、かき菜の旬・かき菜の栄養・かき菜の食べ方・かき菜の選び方や保存方法を紹介します。

 

かき菜の旬

 

15a85982f7c3c8bbd92e9a8191a17b26_t

 

かき菜は「なばな」と同じく、通常は先に花の蕾が付いた状態で収穫されます。

かき菜には「なばな類」特有の香りと苦みが特徴です。

サッと茹でれば歯触りのよい食感を楽しめます。

かき菜が美味しい旬は3~4月頃になります。

最近では、他の野菜同様にいろいろなスタイルで栽培がおこなわれています。

秋季の10月頃~春季の4月頃まで出荷されています。

美味しい食べごろの旬は3~4月になります。 

次に、かき菜の栄養・かき菜の食べ方・かき菜の選び方や保存方法を紹介します。

 

かき菜の栄養

 

sp_detail_main_PS_KCJ_0773L

 

かき菜の旬は3~4月の春季になります。

かき菜に含まれている栄養成分は、β―カロテン・ビタミン類・ミネラル類・食物繊維などです。

かき菜にはβ―カロテンが豊富に含まれています。

β-カロテンは体内でビタミンAに変換されます。

髪・皮膚・粘膜の健康維持や視力維持や呼吸器系統の健康維持に役立ちます。

β―カロテンには、抗発ガン作用・免疫賦活作用もあります。

かき菜に含まれているビタミン類ではビタミンB群が豊富です。

ミネラル成分は、カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄になります。

かき菜の美味しい食べ方には、お浸し・和え物・煮物・椀物・炒め物・焼き物・天ぷらなどの揚げ物があります。 

かき菜は傷みが早い野菜です。

買って来たらすぐにサッと茹でお浸しやポン酢で食べると美味しいですよ。

次に、かき菜を選ぶ方法や保存方法を紹介します。

 

かき菜を選ぶ方法・保存方法

 

かき菜の旬は3~4月の春季です。

かき菜に含まれている栄養成分は、β―カロテン・ビタミン類・ミネラル類・食物繊維などです。

かき菜の美味しい食べ方ではお浸しが好評です。

かき菜を選ぶときには、葉や茎がシャキッとして新鮮なものにしてください。

手に取って茎の切り口を確認します。

下の切り口が茶色く変色しているかき菜は避けます。

かき菜は傷みやすい野菜です。

保存方法では冷蔵保存をおススメします。

濡れた新聞紙やキッチンタオルで包んでビニール袋などに入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。


PAGE TOP