アスパラソバージュの旬な時期、栄養、食べ方、保存方法

Sponsored Link

アスパラソバージュは、ユリ科オオアマナ属の山菜です。

アスパラソバージュには「アスパラ」の名前が付いていますが、「アスパラガス」とは種類が違います。

「アスパラガス」はアスパラガス属の山菜です。

アスパラソバージュは、ピレネー山地でなど自生しているなどヨーロッパに広く分布しています。

市場に出回っているアスパラソバージュは、野山に自生している花茎の若いものを収穫したものです。

アスパラソバージュの栽培は行われていないようです。

ヨーロッパでは春を告げる山菜としてアスパラソバージュは人気があります。

日本のフランス料理店・イタリア料理店など使われているアスパラソバージュは、主にフランスから輸入されています。

日本で出回っているアスパラソバージュは冷凍物と冷蔵物です。

冷蔵物は5月頃の2~3週間しか入荷がないので非常に高価な山菜になっています。

 

次に、アスパラソバージュの旬・アスパラソバージュの栄養・アスパラソバージュの食べ方・アスパラソバージュの選び方や保存方法などの紹介をします。

 

アスパラソバージュの旬

 

51E9XIDhZEL

 

アスパラソバージュは、「アスペルジュ・ソバージュ」や「アスパラガスソバージュ」とも呼ばれています。

黄緑色の茎の部分は表面がツルツルしています。

ニンニクの芽のような茎の先に、アスパラガスと似た穂が付いています。

アスパラソバージュの味にはクセはありません。

茎の部分は、少しのヌメリと心地よい歯ざわりを楽しめます。

日本で食べられているアスパラソバージュは主にフランスから輸入されています。

アスパラソバージュ入荷時期は年によって差があります。

国内で栽培されているアスパラソバージュの収穫時期は4~5月初旬頃までのようです。

アスパラソバージュの旬は春季の4~5月です。

次に、アスパラソバージュの栄養・アスパラソバージュの食べ方・アスパラソバージュの選び方や保存方法を紹介します。

 

アスパラソバージュの栄養

 

hiroto-03

 

アスパラソバージュの旬は春季になります。

アスパラソバージュに含まれている栄養成分には、ビタミン類・ミネラル類や食物繊維になります。

アスパラソバージュの食べ方では下茹するのがポイントです。

味にクセがないのでいろいろな料理で楽しめます。

フランス料理店やイタリア料理店で使われる高級山菜なので、上手に使って季節感を楽しんでください。

炒め物に使う時にはサッと下茹でしてから使います。

次に、アスパラソバージュの選び方・保存方法を紹介します。

 

アスパラソバージュの選び方・保存方法

 

アスパラソバージュの旬は4~5月頃になります。

アスパラソバージュに含まれている栄養を美味しく食べてください。

アスパラソバージュの食べ方では下茹でがポイントになります。

アスパラソバージュの選び方は、穂先の花が開いていないものにします。

茎や穂先まで艶のある緑のものが新鮮でおいしいです。

アスパラソバージュの保存方法は冷蔵保存です。

乾燥しないようにビニール袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。


PAGE TOP