クリスマスに七面鳥は食べない?!何を食べる?食べると言われた理由

Sponsored Link

アメリカでクリスマスに食べるクリスマス料理は七面鳥の丸焼きだと思っていました。

アメリカの一般家庭では、クリスマス料理で七面鳥の丸焼きは食べないということも聞きます。

クリスマスにアメリカでは七面鳥の丸焼きを食べないのは本当でしょうか?

クリスマス料理は華やかで美味しいですね。

子供のころは冬休みが最高に楽しみでした。

日本では、学校が冬の長期休暇に入ると同時にクリスマスが始まります。

クリスマスにはクリスマスプレゼント・クリスマスケーキ・クリスマス料理を楽しめます。

クリスマスが過ぎて、クリスマスプレゼントの玩具で遊んでいるとスグにお正月の行事が始まります。

大晦日には安心して遅くまで起きてテレビを楽しめます。

また、お正月には勉強をしなくても誰も何も言いません。

美味しいお正月料理を楽しめるだけでなく、お年玉まで貰えます。

お年玉で何を買うか悩むのは子供にとっては最高の時間です。

大人になると子供のころのようなワクワク感はありませんね。

世界にはいろいろなクリスマス料理があります。

スウェーデンには「ユールシンカ」という豚肉料理があります。

南アメリカには「ブラーイ」というターキーやラムチョップを使ったバーベキュー料理があります。

イギリスのクリスマス料理は「ロースとビーフ」になります。

フィンランドでは「ヨウルキンク」という厚切りの豚ハムを食べます。

チェコでは「スマジェニー・カプルという鯉のフライ料理を食べます。

イタリアには「カンネッローニ」という大きな筒状のパスタや、パネトーネというデザートがあります。

「カンネッローニ」にひき肉や野菜を詰めてソースやチーズと一緒に食べます。

「パネトーネ」はフルーツたっぷりのふんわりお菓子です。

 

次に、アメリカではクリスマスに七面鳥の丸焼きを食べない?・いつ食べる?・七面鳥を食べると言われた理由などの紹介をします。

 

アメリカと七面鳥の丸焼き

 

ikeameat02

 

アメリカのクリスマスのイメージでは、ローストターキーという七面鳥の丸焼きを食べるのが当然のようになっています。

でも、アメリカの一般家庭では、クリスマスにはローストターキー(七面鳥の丸焼き)は食べないようです。

日本人のイメージでは、アメリカのクリスマスでは豪華なツリーを飾ってクリスマスケーキとローストターキー(七面鳥の丸焼き)は定番です。

アメリカのように七面鳥の丸焼き(ローストターキー)を食べたいけど、日本では七面鳥が入手しにくいのでチキンを食べていると思っています。

アメリカの一般家庭でクリスマスに七面鳥の丸焼き(ローストターキー)を食べると思っているのは、日本人の勝手なイメージのようです。

アメリカでクリスマスに食べる料理は、ローストビーフや日本とは桁違いに大きいハムなどです。

 

アメリカで七面鳥を食べるのはいつ?

 

publicdomainq-0001333www

 

クリスマスにアメリカの一般家庭では、七面鳥の丸焼き(ローストターキー)は食べないのが普通です。

アメリカ人はクリスマス料理に七面鳥を食べませんが、他の日に食べます。

アメリカの一般家庭で、七面鳥の丸焼き(ローストターキー)を食べるのは11月末の「感謝祭」です。

アメリカの11月の第4木曜日は「感謝祭」です。

「感謝祭」とは、先住民の人たちに感謝を表す日です。

 

アメリカとクリスマスと七面鳥

 

アメリカ人はクリスマス料理に七面鳥の丸焼き(ローストターキー)を食べないのに、どうして日本人には食べているイメージがあるのでしょうか?

アメリカのクリスマスと七面鳥が結びついているのは、「クリスマスキャロル」という有名な小説が関係しているのではないかとする説があります。

「クリスマスキャロル」という小説では、クリスマスディナーに七面鳥を食べるシーンがあります。


PAGE TOP