ポン酢醤油、味ぽん、ゆずぽんの違い。ぽん酢のぽんとは何?

Sponsored Link

ポン酢醤油と味ポンとゆずぽんの違いが分かっていれば、美味しい楽しみも広がりそうです。

ぽん酢のぽんとは?と気になったことはありませんか。

「ポン酢醤油」を製造販売しているメーカーは「ヤマサ」です。

「味ポン」や「ゆずぽん」を製造販売しているメーカーは「mizkan(ミツカン)」です。

「ヤマサ」のポン酢醤油には多くの商品があります。

ヤマサおススメのポン酢醤油は、「まる生ぽん酢」・「昆布ぽん酢」・「青じそぽん酢」・「梅しそぽん酢」・「おろしぽん酢」などたくさんあります。

「mizkan(ミツカン)」にも多くの味ポン商品があります。

mizkan(ミツカン)おススメの味ポンシリーズには、「味ぽん」・「ごまぽん」・「たまねぎぽん」・「ゆずぽん」・「だしぽん酢」などたくさんあります。

 

次に、ポン酢醤油・味ポン・ゆずぽんの違いや、ぽん酢のぽんとは?などの紹介をします。

 

ポン酢醤油

 

cooking_ponzu

 

ポン酢醤油は、本醸造しょうゆをベースに柑橘果汁やだしをバランスよく調製した、ヤマサのぽん酢シリーズにあります。

ぽん酢シリーズには、

・「まる生ぽん酢」・「まる生おろしぽん酢」・「テーブル用昆布ぽん酢」

・「昆布ぽん酢 スーパーマイルド」・「昆布ぽん酢」・「青じそぽん酢」

・「梅しそぽん酢」・「おろしぽん酢」・「ぽん酢しょうゆゆず」・「ええぽん酢」

・「ゆずごまぽん酢」などがあります。

ぽん酢シリーズの商品は、鍋物・肉料理・魚料理・サラダなどの料理で使えます。

「ヤマサまる生ぽん酢」は、素材本来の味わいを楽しめる“まるごと生”のポン酢です。

特徴は、4つのこだわり生素材を使った手作り感とナチュラル感です。

4つのこだわり生素材とは、生醤油・生果汁・生出汁・生醸造酢になります。

生仕込み製法・化学調味料無添加・香料無添加のポン酢醤油です。

「ヤマサ昆布ぽん酢」は、ヤマサのロングセラーのポン酢醤油です。

「ヤマサ昆布ぽん酢」は、昆布出汁の美味しさと柑橘果汁がマッチした味付けぽん酢になります。

特徴は、まろやか・コク・スッキリの味わいです。

サラダ・焼肉・焼魚・鍋物などのつけ・かけとしておススメです。

炒めものの味付けにしても美味しいです。

次に、味ポン、ゆずぽんのこと・ぽん酢のぽんとは?などの紹介をします。

 

味ぽん・ゆずぽん

 

fc2blog_20180329121113e71

 

ポン酢醤油は、ヤマサのぽん酢シリーズになります。

味ポン・ゆずぽんは、mizkan(ミツカン)の味ポンシリーズにあります。

mizkan(ミツカン)の味ポンシリーズの特徴は、いろいろな料理に合う・まろやかな味わい・果汁が効いているなどです。

味ポンシリーズの「味ぽん」は発売から50年以上人気のロングセラー商品です。

幅広いメニューに使える「味ぽん」は、かんきつ果汁・醸造酢・醤油が一つになった絶妙な風味の調味料になります。

mizkan(ミツカン)の味ポンシリーズの「ゆずぽん」は、国産ゆず丸しぼりの果汁を加えた味付けぽん酢になります。

「ゆずぽん」も発売から30年以上経つロングセラー商品です。

いろいろなメニューに合うゆず風味の味付けぽん酢を味わってください。

次に、ぽん酢のぽんとは?などの紹介をします。

 

ぽん酢のぽんとは?

 

ヤマサのぽん酢シリーズにポン酢醤油があります。

mizkan(ミツカン)の味ポンシリーズに、味ポン・ゆずぽんがあります。

ぽん酢の「ぽん」が気になったことはありませんか。

ぽん酢のぽんとは?オランダ語の「pons(ポンス)」が変化したとする説が有力です。

オランダ語の「pons(ポンス)」は、ヒンディー語の5つを意味している「panc」に由来しているとされています。

「ポンス」は5種類のものを混ぜ合わせたという意味から、ブランデーやラム酒にレモン汁・砂糖などを加えて作った飲み物だったようです。

「ポンス」と呼ばれる飲み物がレモン汁に関係していることから、ポン酢は柑橘類の果汁を意味するようになったと考えられています。


PAGE TOP