ベトナムコーヒーはなぜ練乳、コンデンスミルクを入れる?味の特徴

Sponsored Link

ベトナムコーヒーを飲んだことがありません。

ベトナムコーヒーにはコンデンスミルク(練乳)を入れて飲むと聞きますが本当でしょうか。 

ベトナムコーヒーには、どのような味や特徴があるのか知っていれば役立ちそうです。

ベトナムコーヒーに入れられるコンデンスミルクは加糖練乳のことです。

加糖練乳は通常は「練乳」と呼ばれることが多いようです。

加糖練乳の英語表記は「condensed milk(コンデンスミルク)」です。

加糖練乳(コンデンスミルク)は、牛乳に糖分を加えて濃縮させた粘度の高い液状のミルクです。

砂糖を加えないで精製した無糖練乳もありますが、「練乳」と呼ぶ場合には加糖練乳を指すことが多いようです。

 

次に、ベトナムコーヒーのこと・ベトナムコーヒーと練乳・ベトナムコーヒーの味と特徴などの紹介をします。

 

ベトナムコーヒー

 

977_re_18A2420

 

ベトナムコーヒーとは、ベトナム(式)コーヒーのことです。

ベトナムの伝統的なコーヒーの淹れ方に、ベトナムカフェや、ベトナムカフェオレがあります。

ベトナムコーヒーは、深めに煎った豆をフランス式のフィルターで抽出してからコンデンスミルク(練乳)を加えて飲みます。

ベトナム語でのコーヒーは、フランス語と同じように「カフェ」と呼びます。

ベトナムはフランスの植民地だったことから、ベトナム式のコーヒーはフランスの手法を取り入れた飲み方になります。

ベトナム式のコーヒーでは、深煎りしてコーヒーミルで粗めに挽きます。

バターやチョコレートのフレーバーをつけることもあるようです。

 

ベトナムコーヒーの味の特徴

 

F7706D2A-ECCC-40FA-983E-3C876E304AEF

 

ベトナムコーヒーにはコンデンスミルク(練乳)入れて飲みます。

ベトナムコーヒーの味や特徴は、フランス伝統の組み合わせ式フィルターを使って淹れることと練乳の影響が大きいようです。

ベトナム式コーヒーのフィルターは3重の構造なので、コーヒーの粉が孔を塞いで簡単には湯が通りません。

コーヒーの抽出には5~10分程度の時間がかかり濃く抽出されます。

濃いコーヒーのままでは非常に苦いので、ミルクコーヒーにして飲みます。

ミルクコーヒーにするときにベトナムコーヒーでは、生乳ではなくコンデンスミルク(練乳)を使います。

コンデンスミルク(練乳)は、あらかじめカップの底が見えなくなる量敷いておきます。

コンデンスミルクの上からコーヒーを淹れて、飲む際にスプーンでかき混ぜます。

濃いベトナムコーヒーにコンデンスミルク(練乳)を入れるので味が濃厚になります。

ベトナムコーヒーの味の特徴は、濃厚で甘くてコーヒーキャンディーをなめている時に近い感覚です。

 

ベトナムコーヒーの特徴

 

ベトナムコーヒーはコンデンスミルク(練乳)を入れて飲むコーヒーとして知られています。

ベトナムコーヒー濃厚な味は、特徴的な淹れ方にあります。

ベトナムコーヒーを味わう器具やコーヒーの分量などを紹介します。

ベトナムコーヒーを味わうのに必要な器具は、

・ベトナム式コーヒー用フィルター

・グラス

・細口ドリップポットになります。

ベトナムコーヒーでは、フィルターをグラスに乗せたまま提供されます。

ベトナムコーヒーに適したコーヒーの分量は、コーヒー1杯分の目安が、コーヒー粉12~15gに対してお湯が120cc程度です。

コンデンスミルク(練乳)はコーヒー1杯当たり20~25gになります。


PAGE TOP