ファストフードの意味。ファーストフードとの違い

Sponsored Link

ファストフードは若者に人気ですが、ファストフードの意味を知っていますか。

ファーストフードという言葉も聞きます。

ファストフードとファーストフードには違いがあるのでしょうか。

ファストフードとファーストフードに違いがあるのであれば、子供に教えるときに気を付けなければいけませんね。

 

次に、ファストフードの意味・ファストフードとファーストフードとの違いなどの紹介をします。

 

ファストフードの意味

 

photo06

 

ファストフードの英語表記は「fast food」です。

ファストフード(fast food)の意味は、

・短時間で調理される食品

・注文してからすぐ食べられる手軽な食品

・注文してスグに食べられる食事などになります。

日本語でのファーストフードとファストフード(fast food)には違いはありません。

日本語のファーストの文字から、「最初」を意味する英単語の「first」を連想する人が多いですね。

ファストフードは、「速い」ことを意味している英単語の「fast」に由来しています。

 

アメリカのファストフード

 

kenta2

 

ファストフードの意味は、短時間で調理される注文してからすぐに食べられる手軽な食品・食事などです。

ファストフードとファーストフードには違いはありません。

ファストフードもファーストフードも、注文してスグに食べられる手軽な食品や食事です。

世界展開しているファストフードのマクロナルドハンバーガーは、多民族国家であるアメリカ合衆国で生まれました。

民族・出身国・人種・国内での地域差、の枠を越えて民族横断的に受け入れられる味付けと手軽に食べられる特徴があります。

アメリカの中産階級では、安価であることよりも、手軽に食べられるファストフードに人気が集まりました。

アメリカで広まり定着したファストフードでは、ハンバーガーだけでなくホットドッグ・フライドチキン・サンドイッチ・ピザ・ドーナツなどが有名です。

ファストフードごとに「フードチェーン」がつくられて大企業化しています。

アメリカのファストフードのチェーン店は、第二次大戦後に本格的に外国に展開し始めました。

 

ファストフードとファーストフード

 

ファストフードの意味は、注文してスグに食べられる手軽な食品・食事のことです。

ファストフードとファーストフードには違いはありません。

世界的に展開している、アメリカ発祥のハンバーガー・ホットドッグ・フライドチキン・ミスタードーナツなどのファストフードは若者に人気があります。

日本発のファストフードも人気があります。

日本初のファストフードは、蕎麦・天ぷら・寿司・おでん・うなぎ・串焼きなどです。

蕎麦・天ぷら・寿司・おでん・うなぎ・串焼きなどは、江戸時代から街中を流す屋台で手軽に素早く食べられる料理として人気がありました。

「安い」・「速い」のキーワードのファストフードでは「立ち食いそば」が有名ですね。

スグ食べられる美味しいファストフードでは、牛丼・ラーメン・カレーライスなども人気があります。


PAGE TOP