アボカドの保存方法と選び方、常温、冷蔵、冷凍で保存できる?

Sponsored Link

アボカドの保存方法を知ればいろいろな美味しい食べ方を試せます。

アボガドは木になるので果物類すが野菜として調理されることが多いですね。

脂肪分が豊富なので別名・「森のバター」とも言われます。

アボガドに含まれる脂肪分のほとんどは一価不飽和脂肪酸です。

日本で見られるアボガドは、表面に光沢があり緑色ですが熟すと黒色になる品種が多くなっています。

果肉は黄色から黄緑色です。

果肉は空気に触れると酸化して褐色になります。

アボガドの果肉にレモンやライムの汁などを絞れば変色を防ぐことができます。

熟しすぎたアボガドは苦みやえぐみが出るので選ぶときには注意してください。

最近はスーパーなどでも簡単に購入できるので、サラダ・サンドイッチ・ハンバーガーなどに入れて食べた人も多いのではないでしょうか。

わさび醤油をつけるとマグロのトロの味に似ていると言われますが感じない人も多いようです。

カルフォルニアロールに見られるように海外では寿司のネタとして好まれています。

日本の回転寿司屋でもアボカドの寿司を見かけるようになりました。

熟した果肉にわさび醤油をかけて食べると美味しいですね。

野菜サラダやポテトサラダに混ぜても美味しく食べられます。

 

次に、アボカドと常温・冷蔵・冷凍保存などの保存方法について紹介します。

 

アボカドの選び方

 

abyjimage

 

アボガドを選ぶときにはよく熟したものを使いましょう。

一般的にアボカドは青いうちに収穫されて後に熟して美味しくなる果実です。

生のままで美味しく食べるには熟し加減がポイントになります。

青くて硬いアボガドは生で食べても美味しくありません。

加熱調理するときには青くて硬いものを使います。

アボガドを選ぶポイントはよく熟している物を選びます。

全体がふっくらとして皮が黒色で触った時に少し柔らかい弾力があるものを選びます。

へたの部分や皮を押したときにグニャッと凹むのは熟しすぎなので避けてください。

 

アボガドの常温での保存方法

 

yjimage3155JZSZ

 

アボガドの保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存があります。

常温保存に適しているのは皮が青くて硬いものです。

青いカチカチの皮のアボガドを購入したら追熟させます。

追熟させるために常温保存するときの注意点は低温です。

アボガドは5℃以下では低温障害を起こします。

また、27℃以上の場所で常温保存すれば劣化します。

常温保存するときに直射日光を避けた冷暗所にしてください。

追熟させるときにバナナ・リンゴなどと一緒の袋に入れて保存すれば早く熟成します。

 

アボガドの冷蔵・冷凍の保存方法

 

アボガドの保存方法には冷蔵保存と冷凍保存があります。

熟して皮が黒くなったアボガドは冷蔵庫で保存します。

皮が黒くなったものを常温状態で保存すると追熟が進みすぎて食べられなくなります。

皮が黒くなったアボガドは冷蔵庫で冷蔵保存しても2~3日が賞味期限です。

冷蔵庫では野菜室でも低温障害を起こして果肉が黒く変色するので注意が必要です。

よく熟したアボガドを保存するときには冷凍保存にします。

アボガドの果肉にレモンやライムの汁をからめてからラップで包んで冷凍します。

解凍するときには自然解凍にします。

 


PAGE TOP