グレープフルーツの保存方法と栄養 常温、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

グレープフルーツの保存方法を知っていればいつまでも美味しく食べられます。

グレープフルーツは亜熱帯を原産とする柑橘類になります。

グレープフルーツの種類は果肉の色で分かります。

みずみずしさと酸味・苦味・甘味が美味しい果物です。

グレープフルーツの香りはノートカトンとチオテルピネオールです。

生食でも人気がありますがジュースやいろいろな加工食品も作られています。

絞り汁はカクテルやサワーにも使われています。

レモン絞りと似たグレープフルーツ専用の搾り器も考案されています。

皮はマーマレードやジャムに使われています。

海外輸入の物には品質を維持するために農薬が使われていることが多いのでマーマレードつくりでは洗浄をシッカリしてください。

日本国内で流通している海外産の7割はアメリカ産です。

市販の食用のグレープフルーツの種を土に埋めてみませんか。

発芽率が高いので土に埋めておけば比較的簡単に発芽します。

 

次に、グレープフルーツの栄養と常温・冷蔵・冷凍保存などの保存方法を紹介します。

 

グレープフルーツ

 

wbankan05[1][1]

 

グレープフルーツには常温保存・冷蔵保存・冷凍保存などの保存方法があります。

栄養成分豊富な美味しい果物なので上手に保存してください。

グレープフルーツにはダイエット効果・ストレス緩和・コレステロール値低下・肝臓機能アップ・美肌改善などをサポートする成分が含まれています。

ダイエット中の水分補給やおやつにグレープフルーツをおススメします。

グレープフルーツは糖質が少なく、中性脂肪の量を少なくする働きがある香り成分が含まれています。

蓄積している脂肪を減らすだけでなく、中性脂肪の合成に関する酵素の働きを抑制するそうです。

ダイエットサポートに試しませんか。

 

グレープフルーツの保存方法

 

2016-03-26-17.51.14-2-560x420

 

グレープフルーツの保存方法には常温保存があります。

グレープフルーツには防腐剤や防カビ剤が使われているケースが多いので常温保存でも日持ちします。

しかし、果物は収穫された時点から風味や鮮度が時間ごとに落ちるのでなるべく早く美味しいうちに食べてください。

グレープフルーツの常温保存をする場所は、直射日光が当たらない風通しが良い冷暗所になります。

傷のないグレープフルーツを上手に常温保存すれば4~5日は賞味期限を延ばせます。

 

グレープフルーツの冷蔵・冷凍

 

グレープフルーツの保存方法には冷蔵保存・冷凍保存があります。

冷蔵保存する場合は1つ1つをキレイに洗ってから、1つ1つをラップに包んで冷蔵庫の野菜室で冷蔵保存してください。

冷蔵保存を上手にすれば2週間程度は賞味期限を延ばせます。

カットしたグレープフルーツを保存するには冷凍保存をおススメします。

カットされたグレープフルーツの皮を剥いて食べやすい大きさにしてからフリーザーパックに入れて冷凍保存してください。

冷凍保存すればシャーベットやスムージーとして美味しく食べられます。

 


PAGE TOP