スプラウトの保存方法と栄養 常温、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

スプラウトの上手な保存方法を知っていれば健康・美容に役立つ効果・効能を役立てられます。

スーパーや八百屋さんに行くとスプラウトが売られています。

昔には見当たらなかった野菜でした。

調理方法が分からないので買うのを控える人も多いようです。

スプラウトは発芽直後の新芽です。

一般的には発芽野菜の総称になります。

発芽し成長しているときの植物には、種子の状態に比べて多くの種類のビタミン類や栄養成分が含まれています。

エンドウ豆の発芽は「豆苗」と呼ばれます。

「豆苗」の栄養成分は種子の状態と比較すると、カロテンで31倍・ビタミンEで16倍・ビタミンKで13倍・葉酸で5倍の栄養成分があります。

種子にはないビタミンCも含まれています。

植物の赤ちゃんのスプラウトには健康・美容に役立つ栄養成分やパワー成分を含んでいるようです。

スプライトの種類には、

・かいわれ大根・ブロッコリー・マスタード

・ガーデンクレス・レッドキャベツ・ブロッコリー

・緑豆・ブラックマッペ・大豆・アルファルファなどがあります。

 

次に、スプラウトの常温・冷蔵・冷凍の保存方法を紹介します。

 

スプラウトの栄養成分

 

450-2013051808224778886

 

スプラウトの保存方法を知っていれば豊富な栄養成分を健康・美容に行かせます。

スプラウトに含まれる栄養成分を種類別に紹介します。

ブロッコリーには、スルフォラファン・βカロテン・ビタミンC・ビタミンE。

マスタードには、βカロテン・カリウム。

クレスには、βカロテン・ビタミンC・ビタミンE。

レッドキャベツには、βカロテン・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンU・葉酸。

カイワレ大根には葉酸が含まれています。

 

スプラウトの保存方法

 

store-sprout

 

スプラウトは傷みやすい野菜なので保存方法には気を付ける必要があります。

スーパーや八百屋で購入したらその日のうちに美味しく食べてください。

ブロッコリーのスプラウトには、ガン・生活習慣病・ダイエット・ピロリ菌・美肌・二日酔い・花粉症予防・改善の働きがあります。

スプラウトを新鮮で美味しいうちに食べれば効果・効能も生かせます。

購入して食感が良い新鮮なうちに食べるのが一番ですね。

数日保存したければ冷蔵保存をおススメします。

 

スプラウトの冷蔵保存方法

 

スプラウトの保存方法には冷蔵保存があります。

スプラウトの保存の適温は5~10℃になります。

培地つきのスプラウトであれば冷蔵保存で2~3日は賞味期限を延ばせます。

生で食べなければ冷凍保存もできます。

冷凍したスプラウトを解凍すれば栄養素を含む水が流れ出てしまいます。

冷凍したスプラウトは解凍しないでジュースつくりやスープなどの材料に使ってください。

 


PAGE TOP