ピーマンの保存方法と栄養 常温、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

美味しいピーマンの上手な保存方法を知っていれば、いろいろな料理に活かせます。

ピーマンの語源はフランス語の“ピマン”になります。

ピーマンにはトマトの4倍ものビタミンCを含んでいます。

ピーマン原産は中南米です。

中南米からコロンブスによってヨーロッパ各地に広められました。

日本のピーマンはヨーロッパから仙台藩の支倉常長が持ち帰ったと考えられています。

ピーマンの甘昧種が入ってきたのは明治時代になります。

ピーマンが広く栽培されて多くの八百屋さんに並ぶようになったのは戦後からになります。

ピーマンを食べる方法では生が理想的です。

只、青臭いので炒め物や煮物などで食べられることが多いようです。

油との相性が良い野菜なので、ソテー・天ぷら・ピーマンの肉詰め・炒め物などで美味しく食べられます。

ピーマンはスーパーや八百屋さんで年間を通じて買えます。

ピーマンの旬は夏季です。

夏季のピーマンは味がいいのでいろいろな料理で楽しめます。

スーパーや八百屋さんでピーマンを選ぶときのポイントは、色が濃い・ツヤとハリがある・切り口がみずみずしいなどです。

ピーマンの効果・効能には、壊血病・強壮・抗ウイルス・整腸作用・動脈硬化・脳出血・疲労回復・貧血の改善などがあります。

ピーマンを美味しく調理して食べませんか。

 

次に、ピーマンの常温・冷蔵・冷凍の保存方法を紹介します。

 

ピーマンの種類と栄養

 

vaf_00017

 

ピーマンの保存方法を知れば美味しくて栄養効果の高い野菜料理を食べられます。

ピーマンの種類には大きく分けて5つのタイプがあります。

パプリカ・ジャンボピーマン・トマトピーマン・カラーピーマン・唐辛子型ピーマンがあります。

パプリカは、肉厚で大きいベル型のピーマンです。

ジャンボピーマンはパプリカよりも薄肉の長いベル型のピーマンになります。

トマトピーマンは、トマトのような形をしている糖度が高いピーマンです。

カラーピーマンは普通型のピーマンに色がついたタイプです。

唐辛子型ピーマンは唐辛子のような形のピーマンです。

ピーマンの栄養成分ではビタミンC・ビタミンAが豊富です。

ビタミンCはレモンの約2倍・ビタミンAはトマトと同じ位含まれています。

 

ピーマンの常温保存

 

pi-mann-illust-01

 

ピーマンの保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存があります。

ピーマンの保存時の適温は約10℃です。

冬季の気温が低い時期であれば常温保存ができます。

常温保存するときには、直射日光が当たらない冷暗所に保存します。

春季・秋季・夏季には気温がたかくなるので常温保存では賞味期限が短くなります。

気温が高い季節にスーパーや八百屋さんで、色が濃い・ツヤとハリがある・切り口がみずみずしいピーマンを買ったら常温保存を避けて冷蔵保存をした方が良いですね。

 

ピーマンの冷蔵保存方法

 

ピーマンの保存方法では冷蔵保存をおススメします。

ピーマンを冷蔵保存するときには冷蔵庫の野菜室に保存します。

ピーマンを冷蔵庫の野菜室に入れるときには、水気をふき取ってビニール袋に入れます。

ピーマンを正しく冷蔵庫の野菜室で保存すれば1週間程度は賞味期限を延ばせます。

 

 


PAGE TOP