ソーセージの保存方法。常温、冷蔵、冷凍はできる?

Sponsored Link

ソーセージの保存方法を知っていれば、いつまでも美味しく食べられます。

ソーセージは、鳥獣類のひき肉などを塩や香辛料で調味してケーシング等に充填した食品になります。

ソーセージは湯煮処理や燻煙処理を行って保存食として利用されています。

世界各地にソーセージがあります。

北米―ペパロニ、スコットランド―ハギス、ドイツ―ヴァイスヴルスト、

オーストリアやウイーン―ウインナーソーセージ、オランダ―メトヴォルスト、

フランス―トゥールーズやリヨネーズ、イタリア―チポラータ、

ハンガリー―ハンガリーサラミ、東ヨーロッパ―キシュカ、ポーランド―キェウバーサ、

トルコ―シェフターリ、リビア―オスベーン、ポルトガル―リングィーサ、

スペインやラテンアメリカ―チョリソ、タイ―ネームやサイクロークなどがあります。

 

次に、ソーセージの種類と常温・冷蔵・冷凍の保存方法を紹介します。

 

ソーセージの種類

 

fd401587

 

日本で市販されているソーセージの種類には3つあります。

ソーセージの上手な保存方法を知ることで美味しく食べられます。

日本で人気のソーセージには、ウインナーソーセージ・フランクフルトソーセージ・ボロニアソーセージがあります。

ウインナーソーセージとは、 太さが20mm未満の太さで羊腸を使用したものになります。

ウインナーソーセージは、オーストリアのウイーンに由来するソーセージです。

フランクフルトソーセージは、 20mm以上36mm未満の太さで豚腸を使用したソーセージになります。

フランクフルトソーセージは、ドイツのフランクフルトに由来するソーセージです。

ボロニアソーセージ は36mm以上の太さで牛腸を使用したソーセージになります。

ボロニアソーセージはイタリアのボローニャに由来するソーセージです。

 

ソーセージの常温・冷蔵の保存方法

 

fd401582

 

ソーセージの保存方法では常温よりも冷蔵保存をおススメします。

基本的に常温保存はおススメできません。

市販のソーセージが入っている袋が膨らんでいるのには理由があります。

ソーセージの袋が膨らんでいるのは、鮮度を保つために窒素が入れられているからです。

ソーセージの袋を開封すると日持ちしません。

風味やうま味が保てなくなり美味しくなくなります。

袋を開封した時点で賞味期限には関係なくスグに残さずに使いきるようにしてください。

未開封ソーセージの冷蔵保存期間は25日程度とされています。

冷蔵保存していても開封後ソーセージは賞味期限内に加熱して食べます。

 

ソーセージの冷凍保存方法

 

ソーセージの保存方法では冷蔵保存が適しています。

冷凍保存すると、肉に含まれている水分やうま味・風味・食感などが損なわれます。

生肉を冷凍・解凍した際と同じになります。

ソーセージ本来の美味しさを味わうには冷蔵保存して賞味期限内で食べることです。

味覚を犠牲にして冷凍保存すれば1ヶ月期間は食べられます。

冷凍保存するときには、密封できる冷凍用の保存袋に入れて空気を抜いて保存します。

 


PAGE TOP