コーヒーと食べ合わせが悪い食べ物は何?

Sponsored Link

食べ合わせ食材を間違うと体調不良になります。

コーヒーは食事の後に飲む飲料ですが食べ合わせ悪い食材と組み合わせると、せっかくの栄養成分も台無しになるかもしれません。

コーヒーは、コーヒー豆を焙煎し挽いた粉末から成分を抽出した飲料です。

コーヒーは、世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料だそうです。

たくさんのコーヒーの専門ショップ・家庭・飲食店・職場などで愛飲されています。

コーヒーを飲める喫茶店は、知識人や文学者・美術や音楽関係の芸術家の集まる場を提供していました。

コーヒーは石油に次いで貿易規模が大きい一次産品として、経済的に重要視されています。

コーヒーには1000種類以上の成分が含まれています。

コーヒーに含まれる多くの薬理活性成分は、医学・薬学の面から研究者の注目を集めています。

 

次に、コーヒーと食べ合わせ食材・コーヒーとの食べ合わせ悪い食材の紹介をします。

 

コーヒーの成分

 

gf01a201502081400

 

食べ合わせには注意が必要です。

食後に飲むコーヒーとの食べ合わせ悪い食材もあるかもしれません。

コーヒーに含まれている主な成分は、カフェインとタンニンです。

ポリフェノールの仲間のタンニンは渋みの成分です。

ポリフェノールには強い抗酸化力があります。

ポリフェノールは、老化やガンの原因になる活性酸素を抑制する働きがあるとされています。

コーヒーは動脈硬化など生活習慣病の予防に効果があるとされています。

カフェインには、疲労回復・胃液の分泌促進・利尿作用の改善・体脂肪の燃焼のサポートなどの働きがあります。

生活習慣病の予防だけでなくダイエットにもコーヒーが良さそうですね。

 

コーヒーとの悪い食べ合わせ

 

705_0_00

 

コーヒーとの食べ合わせ悪い食材には、ゆで卵やチョコレートがあります。

ゆで卵とコーヒーの組み合わせが悪い理由は、ゆで卵の硫黄とコーヒーのカフェインです。

硫黄とカフェインの組み合わせで鉄分の吸収が妨げられます。

卵料理とコーヒーを組みあわせるときには、目玉焼きやスクランブルエッグなどにしませんか。

コーヒーとチョコレートが良くないのは、コーヒーのカフェインとチョコレートに含まれるポリフェノールです。

ポリフェノールの一種の「テオブロミン」とカフェインは交感神経を刺激する組み合わせになります。

 

コーヒーとの良い食べ合わせ

 

コーヒーとゆで卵やチョコレートは食べ合わせ悪い食材ですが、良い食べ合わせもあります。

コーヒーとの食べ合わせが良い食材には、イチゴ・キーウィフルーツ・パパイヤがあります。

疲労回復や整腸作用に効果が期待できます。

コーヒーとブドウ・柿・栗・卵の組み合わせは、ガン予防や老化防止が期待できます。

コーヒーとスイカ・うり・バナナとの組み合わせは、利尿作用や腎臓病の予防が期待できます。

コーヒーとショウガ・唐辛子・ワサビ・ミントの組み合わせは、目覚めをよくする・血行促進に期待ができます。

 


PAGE TOP