枝豆の保存方法。常温、冷蔵、冷凍はできる?

Sponsored Link

枝豆の保存方法を知っていれば、旬の野菜を美味しく食べられます。

枝豆は大豆を未成熟の青いうちに収穫したものになります。

枝豆は子供だけでなく大人でも間違いやすい野菜です。

エダマメという種類のマメ科の野菜だと思っているケースがあります。

枝豆の一般的な食べ方は「塩ゆで」と「ずんだ」になります。

「塩ゆで」は枝豆の一般的な調理法になります。

枝豆の由来は、枝つきのまま茹でたことからとされています。

通常は枝豆と言えばこの「塩ゆで」を指します。

現代では、調理後冷凍した「塩ゆで」商品も多く販売されています。

冷凍食品売り場などで購入して、簡単に枝豆の「塩ゆで」をつくれます。

枝豆は栄養価があって美味しいので、酒・ビールのつまみの定番になっています。

枝豆に含まれている蛋白質はアルコールの分解を助ける働きがあるので“つまみ”には最適です。

「ずんだ」は、茹でた枝豆を潰してあん状にしたものになります。

宮城県・山形県などの名物お菓子に「ずんだ」を餅にまぶした「ずんだ餅」があります。

枝豆は、子供にも人気のあるポピュラーな食材です。

枝豆はスナック菓子の材料としても使われています。

 

次に、枝豆の栄養・枝豆の常温・冷蔵・冷凍保存方法などの紹介をします。

 

枝豆の栄養成分

 

SAWA_edamameshirosara

 

枝豆は栄養成分豊富な食材です。

ビールのおつまみだけでなく、美味しく調理すれば優れた栄養成分を摂取できます。

枝豆には、タンパク質・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

畑の肉と呼ばれる大豆の豊富な栄養士分に加えて、緑黄色野菜の成分も含んでいるハイブリット食材です。

低カロリーで栄養成分を豊富に含むので、ダイエット・生活習慣病対策におススメします。

栄養成分豊富な枝豆は子供にも人気があります。

野菜嫌いの子供でも枝豆は好きというケースが多いようです。

 

枝豆の常温と冷蔵の保存方法

 

SAWA_edamamezarunose

 

 

枝豆の保存方法では常温保存は適していません。

枝豆は収穫したらスグに調理してください。

枝豆を生のままで保存すると栄養・風味がスグに落ちます。

生のままで保存する場合でも新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に入れてください。

生の枝豆の賞味期限は3日程度です。

収穫したり購入したらスグに「塩ゆで」して冷蔵庫の野菜室での保存方法をおススメします。

「塩ゆで」して冷蔵庫の野菜室で保存すれば、2~3日程度は賞味期限を延ばせます。

 

枝豆の冷凍保存方法

 

枝豆の保存方法には冷凍保存があります。

冷凍保存を前提にするのであれば「塩ゆで」は固めにします。

「塩ゆで」した枝豆は水気をシッカリ取ってフリーザーバックやタッパーに入れて冷凍保存します。

冷凍保存は、皮つきでも皮を剥いた状態でもできます。

冷凍した枝豆を食べるときには、再度茹でます。

このときは茹ですぎに注意してください。


PAGE TOP