ホウレンソウと食べ合わせが悪い食べ物は何?

Sponsored Link

食材・食品には良い食べ合わせと悪い食べ合わせがあります。

ホウレンソウと食べ合わせ悪い食材や食品の紹介をします。

ホウレンソウは、ヒユ科アカザ亜科ホウレンソウ属の野菜になります。

ホウレンソウの原産地は、中央アジアから西アジア、カスピ海南西部近辺と考えられています。

初めて栽培されたのは、ペルシア地方(現在のイラン)付近だと考えられています。

ホウレンソウは、灰汁が多いので基本的に下茹でなどの加熱調理が必要です。

和食でも洋食でも使われている野菜です。

和食では、おひたし・胡麻和え・白和えなどの和え物や、鍋物に利用されます。

緑の色素を取り出して、木の芽和えの和え衣の色付けに用いる場合もあります。

洋食では、ソテー・オムレツの具・キッシュ・ポタージュなどに用いられています。

灰汁の少ない生食用のホウレンソウは、ルッコラやオランダガラシと組み合わせてサラダに使われています。

 

次に、ホウレンソウの栄養成分・食べ合わせが良い食品や食材・ホウレンソウと食べ合わせ悪い食品や食材などの紹介をします。

 

ホウレンソウの栄養成分

 

f58m_2236

 

ホウレンソウの豊富な栄養成分を活かすには、食べ合わせが良い食材・食品との組み合わせをおススメします。

ホウレンソウと食べ合わせ悪い食材・食品を知ることで栄養効果を活かせます。

ホウレンソウには、ビタミンA・ビタミンC・葉酸・ルテイン・カロテノイド・鉄分・βカロテン・カリウム・マンガンなどが含まれています。

ホウレンソウの代表的な栄養素は「鉄分」です。

ホウレンソウに含まれる「鉄分」は牛レバー同程度です。

「鉄分」は赤血球を作る材料になので貧血予防に役立ちます。

「βカロテン」もホウレンソウに豊富に含まれている成分です。

βカロテンには抗酸化作用があります。

βカロテンは、活性酸素の働きを抑制するのでがん予防が期待できます。

ホウレンソウに含まれているビタミンCは、免疫力アップ・コラーゲン生成などをサポートします。

ホウセンソウに含まれているカリウムには、体内の塩分を体外に出す栄養素の代表です。

 

良い食べ合わせ

 

1c5fa47007562093b65ea109d33ac40f

 

ホウレンソウと食べ合わせ悪い食品・食材もありますが、食べ合わせが良い食材・食品もあります。

ホウレンソウとの食べ合わせが良い食材を紹介します。

オリーブオイル・イワシ・サバ・椎茸の食べ合わせは、高血圧・心筋梗塞の予防が期待されます。

トマト・ニンジン・ピーマンとの食べ合わせは、眼精疲労の改善・眼病予防が期待できます。

じゃがいも・ブロッコリー・ごまとの食べ合わせは、ガン予防・血行促進が期待できます。

レバー・カキ・ハマグリとの食べ合わせは、貧血予防・冷え性の改善の期待ができます。

 

ホウレンソウと硝酸

 

ホウレンソウにはシュウ酸が含まれています。

食べ合わせを考えるときには、ホウレンソウに含まれている硝酸がポイントになります。

ホウレンソウと食べ合わせ悪いのは、ベーコンです。

ホウレンソウの硝酸が体内で亜硝酸に変化すると、ベーコンに含まれるタンパク質の分解物と反応して発ガン性物質が生成されます。

ベーコンに含まれるリン酸は、ホウレンソウに含まれる鉄分・カルシウムの吸収を阻害します。


PAGE TOP