虫歯予防に効果のある食べ物。歯を丈夫にする食べ物は?

Sponsored Link

虫歯予防では糖分を含む食べ物を避けることです。

虫歯予防をすることで歯医者さんで痛い思いをすることはありませんね。

毎日歯磨きをしているのに虫歯ができてしまって困っている人も多いのではないでしょうか。

歯医者さんで歯の治療をすると歯磨きの方法も指導されます。

最新の歯ブラシを用意して毎日丁寧に洗っていても歯周炎や虫歯になります。

虫歯になると、歯医者さんでキーンという嫌な音ともに歯を削られてしまいます。

虫歯になる原因は歯磨きが下手なだけではなさそうです。

歯医者さんでも毎食後歯磨きをしているわけではありません。

歯医者さんに虫歯が少ない理由は虫歯ができる原因を知って予防をしているからです。

虫歯ができる原因は7つあるとされています。

虫歯ができる原因が分かれば、自分に合った予防法を実践できます。

虫歯予防が正しければ虫歯で痛い思いをすることはありません。

虫歯ができるメカニズムがあります。

虫歯は、虫歯菌が歯の表面のバイオフィルムという膜に感染することが原因です。

バイオフィルムの中で虫歯菌が糖分を取り込んで酸を出します。

虫歯菌が出す酸が歯を溶かします。

歯が溶かされ(脱灰)続けると虫歯になります。

口の中には唾液があります。

口の中の唾液には、虫歯菌が出す酸を中和する働きと脱灰された歯を修復(再石灰化)する働きがあります。

そのため、唾液が少なくて酸の中和や再石灰化が出来ないと虫歯が進みます。

 

次に、虫歯ができる原因・虫歯予防方法・虫歯予防の食べ物などの紹介をします。

 

虫歯ができる原因

 

b907fde5

 

虫歯ができる原因を調べて虫歯予防しませんか。

虫歯予防の食べ物もあるようです。

虫歯ができる原因は7つあります。

・歯磨きが下手・間食や甘い食べ物が好き・歯の質が弱い

・口の中に虫歯菌が多い・虫歯菌が出す酸の中和や再石灰化に必要な唾液が少ない

・唾液の力が弱い・歯の詰め物の隙間などの原因があります。

歯医者さんで行われる唾液検査で虫歯ができやすいタイプかを調べることができます。

チョット前の歯医者さんでは、虫歯の早期発見と早期治療という考えで虫歯を削って詰め物をする治療を繰り返していました。

現在の歯医者では科学的に虫歯原因を調べて、できるだけ歯を削らないで再石灰化をさせて予防をする治療に変化しているようです。

今の歯の治療方法が正しいのか否かは自分でチェックしたほうがよさそうです。

 

子供と大人の虫歯

 

m03_img04

 

虫歯予防が正しければ歯医者さんで歯を削らなくてもよくなります。

虫歯予防に役立つ食べ物は唾液分泌を促す働きがあるものになります。

年代別で虫歯になる原因も違います。

子供の虫歯の特徴は乳歯と永久歯で違います。

乳歯の虫歯の原因は、卒乳の遅れ・寝かしつけの際の授乳・ジュースなどです。

歯磨き開始時期・フッ化物配合歯磨剤の使用開始時期の遅れも乳歯の虫歯に影響を与えます。

永久歯の虫歯の原因は、ジュース・お菓子などの甘い飲食物と歯磨きが不十分なことです。

歯磨きが未熟な子供では、奥歯の溝の部分の汚れが残ります。

歯ブラシが届きにくい部分に重点をおいた虫歯の予防が大切になります。

大人の虫歯の原因は3つあります。

・歯磨きが下手

・歯周病による歯根の露出による虫歯

・歯治療後の詰め物の内側での虫歯などです。

 

虫歯予防と食べ物

 

虫歯予防で大切なのは、虫歯菌が栄養分とする糖分が多い食べ物の摂取を控えることです。

虫歯予防では糖を含む食べ物を摂取する頻度を減らすことが大切です。

砂糖を含む食べ物を食べ続けたり飲み続けたりする習慣では虫歯になります。

糖分を取り続けることは、虫歯菌に常時栄養分を与えることです。

虫歯の原因の酸をつくるのをサポートする行為は即やめましょう。

・デザートは食事の直後に食べる

・間食の時間は空けることでも虫歯予防になります。

歯磨きでは歯ブラシだけでなく歯間ブラシや歯間クリーナー(糸)を使います。

歯磨き粉にはフッ化物配合を使うことで「脱灰抑制」・「再石灰化促進」ができます。

 

 


PAGE TOP