らっきょうの効果。一日何個まで食べて良い?

Sponsored Link

らっきょうに含まれている成分の効果を得るには、らっきょうを一日何個くらい食べればよいのでしょうか。

らっきょうの食べ過ぎは胃腸に負担をかけるので注意してください。

らっきょうはネギ属の多年草・野菜になります。

漢字表記は「辣韮」・「薤」・「辣韭」で、らっきょうの別名には「オオニラ」・「サトニラ」などもあります。

らっきょうは、中国・ヒマラヤ地方を原産としている植物です。

ニンニクやニラと同じ硫化アリルを含んでいるので、特有の強い匂いと辛味があります。

日本での食べ方は、主に塩漬け・甘酢漬け・醤油漬けなどです。

市販品のほとんどは甘酢漬けになっています。

らっきょうは福神漬けのように、カレーライスの薬味として人気があります。

らっきょうに含まれている硫化アリルには消化を助ける働きがあります。

水溶性食物繊維が豊富なので腸の働き改善に効果があります。

らっきょうの鱗茎には、薤白(がいはく)という生薬名がついています。

漢方では胸痺(きょうひ)に効果がある薬として使われていました。

らっきょうは、ダイエット・便秘改善・がん予防・糖尿病予防・生活習慣病・風邪・疲労回復などに効果があると期待されています。

 

次に、らっきょうの栄養成分の効果やらっきょうを食べるのは一日何個くらいが適切かなどの紹介をします。

 

らっきょうと硫化アリル

 

ooo

 

らっきょうに含まれている成分には、ダイエット・便秘改善・がん予防・糖尿病予防・生活習慣病・風邪・疲労回復などの効果があります。

食べ過ぎは胸やけ・胃もたれの原因になります。

らっきょうを食べるのは一日何個くらいが良いのか迷いますね。

らっきょうを食べるのは一日5個程度が良さそうです。

らっきょうに含まれている硫化アリルには、ビタミンB1の吸収を通常の7倍もアップする働きがあります。

硫化アリルの働きで血液が浄化されて血行が改善します。

らっきょうの硫化アリルという成分が血液をサラサラにします。

血液サラサラ効果で循環器系が正常化します。

 

らっきょうの健康効果

 

97ca3ad0016cd5f524627f65612f3c02--family-events-messages

 

らっきょうの健康効果は、ダイエット・便秘改善・がん予防・糖尿病予防・生活習慣病・風邪・疲労回復などです。

只、らっきょうの食べ過ぎは胃に負担をかけるので食べる量には気を付けましょう。

一日何個かは各自の判断ですが、通常は5個程度が良さそうです。

 

らっきょうのダイエット効果

 

らっきょうにはダイエット効果があります。

ダイエットのためには、らっきょうを一日何個食べればよいのでしょうか。

らっきょうには脂肪燃焼効果を高めるフルクタンが含まれています。

フルクタンは食物繊維の一種です。

らっきょうに含まれているフルクタン(食物繊維)の量は、他の野菜に比べて多いのが特徴です。

フルクタン(食物繊維)には、脂質が体内に吸収されるのを防ぐ働きがあります。

フルクタン(食物繊維)は加熱や加工することで成分が損なわれるので注意が必要です。

らっきょうをダイエットに役立てるには生で食べることです。


PAGE TOP