カイワレ大根の保存方法。常温、冷蔵、冷凍はできる?

Sponsored Link

カイワレ大根の保存方法を知っていれば美味しい料理を楽しめます。

カイワレ大根(かいわれだいこん)は「穎割れ大根」や「貝割れ大根」と表記されることもあります。

カイワレ大根は、ダイコンの発芽直後の胚軸と子葉を食用とするスプラウト食材になります。

食材としての利用方法で多いのは、生のままのサラダや丼物の彩りなどになります。

大根はアブラナ科になります。

大根は春の七草の「すずしろ」になります。

大根に含まれている辛味成分はイソチオシアネートです。

イソチオシアネートには抗酸化作用があるとされています。

イソチオシアネートには、活性酸素の作用を抑制してガン細胞の増殖を抑える働きが期待されます。

イソチオシアネートには、肝臓の解毒作用をサポートする働きもあります。

イソチオシアネートの辛味が味覚を刺激して、食欲を促進の効果もあります。

カイワレ大根には体内ホルモンの一種のメラトニンという栄養成分も含まれています。

メラトニンには免疫力UPや安眠サポートなどの働きがあります。

カイワレ大根には、ビタミン・ミネラル・カリウムなどもバランスよく含まれています。

体の機能調節や体の潤滑油としても重要な骨や歯の構成成分のミネラルやビタミンバランスの良いカイワレ大根をたべませんか。

豊富に含まれるビタミンCには抗酸化作用があります。

動脈硬化防止・アンチエイジング・疲労回復に効果が期待されます。

 

次に、カイワレ大根の常温・冷蔵・冷凍保存方法を紹介します。

 

カイワレ大根の常温保存方法

 

fd400039

 

カイワレ大根の保存方法には常温保存があります。

カイワレ大根を常温保存するのは気温が低い冬季をおススメします。

気温が高い春季・夏季・秋季は冷蔵庫での野菜室に保存してください。

カイワレ大根を常温保存する時には、直射日光が当たらない風通しが良い冷暗所にしてください。

カイワレ大根を常温保存する時には、カイワレ大根が入っていた容器から出して根もとを洗って別の容器に移し替えます。

容器の水は根もとを浸す程度です。1日1回は容器の水を新しく取り換えます。

 

カイワレ大根の冷蔵保存方法

 

25f10dc5483795c1501bdbe1bbf6837d_t

 

気温が高い夏季にカイワレ大根を保存する時には、冷蔵庫の野菜室をおススメします。

スーパーや八百屋さんでカイワレ大根を購入したら容器を移し替えます。

根もとを洗って新しい容器に移し替えてから冷蔵庫の野菜室で保存します。

冷蔵庫の野菜室に保存しているカイワレ大根の根を浸した水は毎日取り換えてください。

冷蔵庫の野菜室に保存したカイワレ大根の賞味期限は1週間程度です。

 

カイワレ大根の冷凍保存方法

 

カイワレ大根の保存方法には冷凍保存があります。

カイワレ大根を冷凍保存すると解凍した時に水分が抜けて味覚と食感が劣化します。

冷凍したカイワレ大根の使い方はみそ汁などの加熱料理での利用になります。

カイワレ大根の味覚と食感をキープする保存方法は冷蔵保存になります。

加熱調理に使うのであれば長期保存できる冷凍保存でもOKです。

カイワレ大根を冷凍する前には、根もとをカットしてから水洗いして冷凍用保存容器に入れて冷凍庫に入れます。

カイワレ大根の冷凍保存での賞味期限は約1ヶ月になります。


PAGE TOP