りんごの保存方法と栄養 常温、冷蔵、冷凍で保存できる?

Sponsored Link

りんごの保存方法には常温保存・冷蔵保存があります。

りんごは美味しくて栄養価の高い果物です。

日本にはたくさんの種類の美味しいりんごがあります。

正しく保存しておいしく食べながら健康美人つくりしませんか。

リンゴは丸かじりだけじゃなくサラダやジャムにしても美味しく食べられます。

スイーツやケーキに使っておいしく食べませんか。

リンゴの栄養素は食物繊維・ビタミンA・ビタミンC・カリウム・有機酸・ポリフェノールなどです。

有機酸はクエン酸やリンゴ酸になります。

有機酸には胃腸の働き改善や殺菌作用があります。

有機酸には乳酸を減らす働きがあるので、疲れ改善・肩こり・腰痛などの改善が期待されます。

カリウムには体内の塩分を排出する働きがあるので高血圧に効果があります。

ペクチン(食物繊維)には整腸作用があるので便秘改善やコレステロール排出に役立ちます。

腸内改善は大腸がん予防にも役立ちます。

リンゴポリフェノールには皮膚のアンチエイジング効果があるそうです。

ポリフェノールには活性酸素抑制やコレステロール除去の働きがあります。

美味しいだけでなく健康キープにも役立つりんごを長く食べるには保存方法が大切です。

次に、りんごの保存方法を紹介します。

 

りんごの保存方法

 

sy_011

 

リンゴは冷暗所で常温保存すれば長持ちします。

夏の終わりころには「つがる」・「紅玉」・「ジョナゴールド」などのリンゴがスーパーに並んでいます。

夏季のりんごは保存には向いていません。

スーパーで買ってきたら時間をおかないで美味しいうちに食べるのがベストです。

冬の季節のりんごは長期保存に向いています。

一般家庭でも冷暗所に正しく保存すれば1ヶ月程度はおいしく食べられます。

大量にりんごをもらったら、新聞紙に包んで段ボールに入れて冷暗所で保存してください。

 

りんごを冷蔵庫で保存

 

00983

 

りんごは冷蔵庫で保存ができます。

りんごが好きな場所は低温で湿度が高い場所です。

冷蔵庫の野菜室は低温で湿気があるのでりんごを保存するのに適切な環境です。

りんごで保存に向いている種類は「ふじ」だそうです。

「ふじ」であれば冷蔵庫の野菜室で2~3週間程度は美味しく食べられます。

もっと長期間保存をしたい場合は、ビニール袋に入れる前に新聞紙で包むと炭酸ガスや水分を吸うので保存期間を延ばせます。

 

りんごが好きな環境

 

りんごの長期保存には環境が大切です。

りんごを保存するのに適した環境は、0~5°の温度と80%以上の湿度です。

りんごか嫌いな環境は、温度変化が激しく乾燥した場所です。

冬季であれば、0°以下に下がらない日の当たらない場所であれば長期保存できます。

夏季~秋季の暖かい季節や温度差がある季節には冷蔵庫の野菜室をおススメします。

家に冷暗所がない時には、個々に新聞紙で包んでビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存してください。

正しく保存すれば2週間位~1ヶ月位は保存できます。

 


PAGE TOP