ブロッコリーの効能と効果的な摂り方

Sponsored Link

ブロッコリーにはいろいろな効果・効能があります。

ブロッコリーを使った美味しい料理を食べて健康・美容をアップさせませんか。

ブロッコリーは、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜になります。

ブロッコリーは地中海沿岸の原産で、イタリアでキャベツの一種を品種改良された野菜と考えられています。

ブロッコリーの和名は「メハナヤサイ」・「ミドリハナヤサイ」などがあります。

「メハナヤサイ」の漢字表記は「芽花野菜」・「芽花椰菜」です。

「ミドリハナヤサイ」の漢字表記は「緑花野菜」・「緑花椰菜」です。

ブロッコリーの変種にカリフラワーがあります。

ブロッコリーで食用とする部分は蕾の状態の花序と茎になります。

ブロッコリーには、ビタミンB・ビタミンC・カロテン・鉄分を豊富に含んでいる緑黄色野菜です。

日本での調理法は茹でて調味料をつけて食べることが多いですが、欧米ではサラダなどで生食されることもあります。

ブロッコリーは、スープやシチューの具・炒め物・天ぷらなどで美味しく食べられます。

ブロッコリーの種類には、ピクセル・エンデバー・グリーンベール・シャスター・パラグリーン・マーシャル・チャレンジャー・海嶺・雷鳴・緑炎・緑帝・緑笛・緑嶺などがあります。

 

次に、ブロッコリーの栄養成分・効果・効能や美味しい食べ方などの紹介をします。

 

ブロッコリーの栄養成分

 

fd400074

 

ブロッコリーの栄養成分を多く含んだ緑黄色野菜です。

ブロッコリーの効果・効能をおいしく摂取できる調理方法を知っていれば家族にも喜ばれます。

ブロッコリーには、

・β―カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE

・ビタミンK・ビタミンU・カルシウム・カリウム・鉄・食物繊維・インドール化合物

・スルフォラファン・フラボノイドなどの栄養成分が豊富に含まれています。

ブロッコリーに含まれているビタミンCはレモンの2倍・キャベツの3~5倍含まれています。

 

ブロッコリーの効果・効能

 

pr00029

 

ブロッコリーの効果・効能を紹介します。

ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートする成分です。

ビタミンC豊富なブロッコリーは、免疫力アップや風邪・がんの予防が期待できます。

ビタミンEは過酸化脂質を分解するので活性酸素から細胞を守る働きがあります。

ビタミンEは、動脈硬化・がんの予防・アンチエイジングに役立ちます。

β―カロテンは、必要に応じて体内でビタミンAに変わり、強力な抗酸化作用でがん予防をサポートします。

ビタミンB2は、脂質や糖質の代謝のサポートや過酸化脂質の生成を防ぎます。

動脈硬化や高血圧の予防に役立ちます。

 

ブロッコリーの美味しい食べ方

 

ブロッコリーの効果・効能を効率よく摂取するには美味しい料理を食べることです。

ブロッコリーの栄養素を効果的に引き出すには、蒸してから油を合わせる調理法がおススメです。

蒸してから油を合わせれば栄養損失を防いで栄養成分の吸収率を高めることができます。

ブロッコリーの健康美容効果倍増の食べ合わせには、ブロッコリー+アーモンドがあります。

ブロッコリーに含まれるβ―カロテン・ビタミンCに、アーモンドのビタミンEの相乗効果で抗酸化作用がアップします。

ブロッコリー+アーモンドで、免疫機能アップと風邪予防が期待できます。

ブロッコリーのアーモンドみそ和え料理や、ブロッコリー&焼のりも試しませんか。

 


PAGE TOP