チョコレートの保存方法と栄養 常温、冷蔵、冷凍で保存できる?

Sponsored Link

チョコレートの保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存があります。

チョコレートは子供から大人までファンが多い美味しいお菓子ですね。

チョコレートには美味しいだけでなく健康にうれしい効能があります。

昔からチョコレートは薬として重宝されていました。

チョコレートが薬として重宝された原因はカカオ成分です。

カカオ成分は美容や健康改善に有効な物質だとされています。

チョコレートの主成分のカカオ豆にはカルシウム・マグネシウム・鉄分・亜鉛などのミネラルやポリフェノールが含まれています。

カカオ豆には抗酸化作用・ストレス改善・体調を整える・便秘改善・動脈硬化予防などの働きがあります。

チョコレートは肥満の大敵と言われることがあります。

チョコレートの主成分のカカオが悪いのではなく甘み成分の砂糖が原因です。

チョコレートには脂肪分解の成分も含まれているので甘さを抑えたチョコレートであれば肥満のリスクは少なくなるのではないでしょうか。

アメリカでの最近の研究ではチョコレートを食べる頻度が高いほど肥満指数が低いという結果も発表されているようです。

チョコレートの脂肪分は悪玉コレステロール上昇抑制などの研究結果もあるので、甘すぎるチョコレートでなければ健康効果の方が高いのではないでしょうか。

美味しくて健康効果も期待できるチョコレートの保存方法を知っていればいつまでも楽しめます。

 

次に、チョコレートの保存方法を紹介します。

 

チョコレートの保存方法

 

gahag-0033235868-1

 

一般的なチョコレートの適正温度は15~22°です。

チョコレートが嫌いな環境は温度と湿気が高いところです。

チョコレートを買ってきたら、日の当たらない涼しい場所に置くように気を付けましょう。

うっかり窓際や温度が上がりやすい場所に置いておくと溶けることがあります。

チョコレートは28°を超えると溶け始めます。

夏場でのチョコレートの常温保存には注意が必要です。

室内の冷暗場所がチョコレートの置き場では適しています。

冷えた環境が良いからと言って無防備に冷蔵庫に入れると品質が低下するので冷蔵庫に入れる時には注意が必要です。

 

冷蔵庫のチョコレート

 

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%80%80%ef%bc%94

 

夏場は高温多湿になるので、チョコレートの常温保存は難しいのが現実です。

購入したら美味しいうちに食べてしまった方が良いですね。

余ったチョコレートを冷蔵庫に保存するときには密封した袋に入れて保存してください。

チョコレートパッケージのまま冷蔵庫に入れると、冷蔵庫の湿気やニオイを吸って美味しくなくなってしまいます。

品質を抑えるために発砲スチロールなどの断熱材に入れて密封保存すれば風味などの美味しさを守れます。

冷蔵保存した場合一般的なチョコレートであれば1ヶ月程度は美味しく食べられます。

生チョコの場合は内容成分によって数日~2週間と幅があります。

 

冷凍するチョコレート

 

冷蔵庫の冷凍室で保存したチョコレートは冷蔵室に入れたチョコレートに比べて品質は落ちます。

冷凍庫に入れても格段に賞味期間が延びることはないのでおススメできません。

冷蔵庫の冷凍室で保存する場合のデメリットは、チョコレートの脂肪分が白濁して固まることです。

チョコレートの脂肪分が固まると美味しくなくなります。

チョコレートの風味や味を楽しみたいのであれば、冷暗所での常温保存をおススメします。

 

 


PAGE TOP