ルッコラの栄養価、食べ方、保存方法

Sponsored Link

ルッコラは、アブラナ科キバナスズシロ属の一種の葉野菜・ハーブになります。

ルッコラは地中海沿岸原産の一年草です。

日本ではイタリア料理の普及とともに一般に知られるようになりました。

園芸分野では英語読みのロケットで知られています。

料理分野では英語名のロケットよりもイタリア名のルッコラの方が知名度が高いですね。

イタリア語の発音に近いルーコラと書かれる事もあります。

ルッコラの和名は「キバナスズシロ」になります。

ルッコラ(キバナスズシロ)の花言葉は競争になります。


ルッコラは、ゴマのような風味と多少の辛み・苦みが特徴です。

ルッコラは成長とともに苦みが強くなる傾向があります。

 

次に、ルッコラのこと・美味しい食べ方とルッコラの栄養価・ルッコラの保存方法などを紹介します。

 

ルッコラの栄養価

 

odessey-top1

 

ルッコラの美味しい食べ方を知っていれば、ルッコラの栄養価を効率よく摂取できます。

ルッコラにはβカロテン・ビタミンC・ビタミンE・カリウム・葉酸・食物繊維などが豊富に含まれています。

ルッコラは美人つくりのハーブとして昔から注目されていたようです。

世界三大美女として有名なクレオパトラは、美貌を保つために特にルッコラを好んで食べていたとされています。

若さを維持するのに不可欠な栄養成分を多く含んだルッコラでキレイつくりしませんか。

ルッコラにはアリルイソチオシアネートという辛味成分が含まれています。

ルッコラを食べると感じるピリッとした辛みはアリルイソチオシアネートの働きです。

アリルイソチオシアネートには胃腸の動きを活発にしてくれる働きがあります。

ルッコラの上手な保存方法を覚えれば美味しいハーブを楽しめます。

ルッコラの美味しい食べ方は生のサラダですね。

香りを活かして炒め物にして食べても美味しいです。

豚肉や卵と一緒に炒めると美味しく食べられます。

和風おひたしとしても美味しく食べられます。

 

ルッコラの保存方法

 

6c4fd1049e569f036105e97ccc31adc2_t

 

ルッコラの美味しい食べ方を覚えれば、ルッコラの栄養価を効率よく摂取できます。

ルッコラの保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存が考えられますが、傷みやすいハーブなので常温保存はおススメできません。

スーパーや八百屋さんで購入したらすぐに調理して食べたほうが食感や香りを楽しめます。

冷蔵保存をするときには冷蔵庫の野菜室に保存します。

野菜室に保存するときには乾燥対策が必要です。

ルッコラは根がついているほうが長持ちします。

購入するときには根付きを選ぶと良いですね。

ルッコラを冷蔵庫の野菜室に保存するときには、乾燥しないように新聞紙やキッチンペーパーを湿らせて包みます。

容器に入れて立てて保存すれば長持ちします。

冷蔵庫の野菜室での保存期間の目安は5日程度になります。

 

ルッコラの冷蔵保存

 

ルッコラの美味しい食べ方を覚えませんか。

クレオパトラも食べていたルッコラの美人作りの栄養価を効率よく摂取できます。

ルッコラの保存方法では冷蔵保存をおススメしますが、長期保存したいときには冷凍保存になります。

冷凍保存すると食感や香りが落ちるので、できるだけ冷蔵保存をおススメします。

冷凍保存するときには下ごしらえをします。

お湯に塩を入れて沸騰させてサッと湯通しします。

湯通ししたらサッと冷水に浸します。

水気をふき取って適当なサイズにカットしてから小分け密封して冷凍保存します。

冷凍保存期間は2~3週間が目安です。

 


PAGE TOP