コリンキーの栄養価、食べ方、保存方法

Sponsored Link

コリンキーの美味しい食べ方を知っていれば、コリンキーの豊富な栄養価を効率よく摂取できます。

コリンキーの上手な保存方法を覚えて、美味しい野菜を食べませんか。

コリンキーは生でも食べられるかぼちゃ(南瓜)です。

サラダ・スープ・炒め物にしても美味しいかぼちゃを楽しみませんか。

 

次に、コリンキーのこと・美味しい食べ方・コリンキーの栄養価・コリンキーの保存方法などの紹介をします。

 

コリンキー

 

711yGYZhKKL._SX425_

 

コリンキーは生でも食べられるかぼちゃ(南瓜)です。

コリンキーの美味しい食べ方を知っていれば、効率よくコリンキーの栄養価を摂取できます。

生で食べられるかぼちゃをサラダで食べてみませんか。

柿のようなキレイなレモンのような色で、キュウリのような形ですが青臭くなく、南瓜特有の匂いもありません。

食感はコリコリして固くも柔らかくもないのでサラダで食べると美味しいですね。

コリンキーは全国で栽培されています。

コリンキーが出荷される時期は5月下旬~6月頃になります。

6月前後になったらスーパーや八百屋さんを覗いて、サラダでもスープでも食べられる南瓜を探してみませんか。

 

コリンキーの食べ方

 

13658441_932292336896603_516439733_n

 

コリンキーの食べ方はサラダだけではありません。

ピクルス・炒め物・スープ・浅漬などでも美味しく食べられます。

炒めると風味が強くなって南瓜のように食べられます。

スープにすれば南瓜ポタージュのようになります。

浅漬にすればそのまま保存するより長持ちします。

塩や醤油などで美味しく食べられます。

コリンキーには、ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維などの栄養価があります。

次に、コリンキーの保存方法の紹介をします。

 

コリンキーの保存方法

 

コリンキーの美味しい食べ方には、サラダ・ピクルス・炒め物・スープ・浅漬などがあります。

コリンキーにはビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維などの豊富な栄養価があります。

コリンキーの保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存が考えられます。

コリンキーを常温保存するときには、風通しの良い冷暗所にします。

常温保存の適温は10℃前後になります。

コリンキーをカットしたら劣化が早いので冷蔵保存にします。

冷蔵庫の野菜室で保存します。

下茹でしたコリンキーを冷蔵保存した場合の賞味期限は2~3日になります。

冷凍保存すれば食感や風味は劣化しますが長期保存できます。

冷蔵庫で長期保存する場合は、食べやすいサイズにカットして電子レンジで加熱します。

熱を冷ましてからフリーザーバック入れて空気を抜いて冷凍保存します。

 


PAGE TOP