フェカリス菌の働きは他の乳酸菌と何が違うの?

Sponsored Link

フェカリス菌を配合した食品をダイエットに役立てている人もいるようです。

フェカリス菌はヒトの腸内に存在している乳酸菌の一種になります。

フェカリス菌には、EF-23・FK-23・EC-12などの菌株があります。

フェカリス菌を生菌として摂り入れれば、通常の乳酸菌と同じように腸内環境を改善できる可能性があります。

フェカリス菌FK-23株の研究ではいろいろな効果があります。

免疫賦活作用・抗腫瘍作用・抗ガン剤の副作用軽減・C型肝炎改善作用・感染症抑制作用・整腸作用などの研究報告などです。

生菌に比べ加熱処理菌体ではこれらの免疫調節作用がより強いことが期待されます。

加熱処理菌体の服用による副作用は報告されていません。

フェカリス菌FK-23株のヒト臨床試験においても安全性が確認されています。

 

次に、フェカリス菌のメリット・乳酸菌・ダイエットについて紹介します。

 

フェカリス菌と花粉症

 

about02

 

フェカリス菌の整腸効果はダイエットに役立ちそうです。

フェカリス菌配合の乳性飲料の摂取によるメリットを紹介します。

フェカリス菌には花粉症・通年性アレルギー性鼻炎・整腸効果などが期待されています。

花粉症の人は毎年やって来る花粉の季節が悩ましいですね。

花粉症対策には、マスク・目薬・空気清浄機・薬などがあります。

薬に頼らない花粉症対策に「フェカリス菌」入りの乳性飲料が注目されています。

花粉症対策で乳酸菌が注目されています。

乳酸菌には腸内免疫細胞を活性化する働きがあります。

腸内免疫細胞を活性化して免疫系のバランスを整えアレルギーを緩和する作用になります。

ヒスタミンを抑えるといった対症療法的な効果ではなく、乳酸菌がアレルギーになりにくい体質づくりに役立つと考えられています。

フェカリス菌を使った研究で、一度に大量の菌を摂取できる「フェカリス菌」の花粉症症状緩和効果が確認されています。

フェカリス菌を含む乳性飲料を継続的に毎日1本(1本200ml当たりフェカリス菌1000億個)摂取することで、花粉症の症状である「鼻かみ回数」・「鼻づまり」・「眼のかゆみ」等の改善が認められています。

 

フェカリス菌と鼻炎

 

20170930_13

 

フェカリス菌配合の乳性飲料は通年性アレルギー性鼻炎にも効果があります。

花粉症と言われる季節性アレルギー性鼻炎のように花粉が飛散する期間だけのアレルギー性鼻炎に比べて、通年性アレルギー性鼻炎は一年中なので日常生活に大きな支障を与えます。

通年性アレルギー性鼻炎では、「くしゃみ」・「鼻汁」等に一年中悩まされます。

通年性アレルギー性鼻炎対策に「フェカリス菌」が注目されています。

「フェカリス菌」入り乳性飲料を継続的に摂取することで通年性アレルギー性鼻炎の症状改善効果が確認されています。

通年性アレルギー性鼻炎症状の改善効果については、2013年7月開催の「日本乳酸菌学会」で発表されています。

フェカリス菌を含む乳性飲料(1本200ml当たりフェカリス菌1000億個)を、継続的に毎日1本摂取することで、くしゃみ・鼻汁などのアレルギー性鼻炎の症状が改善しています。

 

ダイエット効果

 

フェカリス菌を含む乳性飲料(1本200ml当たりフェカリス菌1000億個)を、継続的に毎日1本摂取することで腸内環境改善によるダイエットサポートが期待できます。

ダイエットは摂取カロリーを抑えて消費カロリーをアップすることです。

フェカリス菌を含む乳性飲料を摂取するだけで食習慣や運動習慣を変えなければダイエット効果は期待できません。

食習慣や運動習慣を改善しながらフェカリス菌を含む乳性飲料を摂取することでダイエット効果をアップすることができます。

腸内の善玉菌には、腸内環境改善作用・便通改善作用など・免疫力アップによる感染防御作用・発ガン抑制作用・アレルギー病状の改善作用などがあります。

乳酸菌の中でもフェカリス菌入り乳性飲料(オリゴ糖含む)を摂取すれば、腸内環境が改善して便通の悩みをスッキリできます。


PAGE TOP