旬の春キャベツとふつうのキャベツの違い

Sponsored Link

旬の春キャベツはふつうのキャベツとの違うは?

春キャベツは甘みがあるので生でも美味しく食べられます。

美容効果や健康効果満点のキャベツを食べませんか。

キャベツは季節に合わせて多くの品種がつくられているので一年中美味しいキャベツを食べられます。

春キャベツは春を中心に出回る春系のキャベツのことです。

春キャベツは内部まで黄緑色を帯びてみずみずしいのが特徴です。

春キャベツは生食用として人気があります。

冷涼地で栽培されているのは夏秋キャベツです。

冬キャベツは寒玉ともいわれています。

冬キャベツは球がしっかり締まっているのが特徴です。

冬キャベツは加熱してもくずれません。

加熱すれば甘味や風味が増します。

春キャベツに含まれている健康・美容成分には、ビタミンC・ビタミンU・食物繊維・ボロンなどがあります。

栄養・美容成分豊富な美味しい春キャベツを食べて健康美人を目指しませんか。

 

次に、春キャベツについて紹介します。

 

春キャベツの栄養素

 

cea30ac6b4e522922adb19426de8a501

 

春キャベツの健康・美容成分にはビタミンC・ビタミンU・食物繊維・ボロンがあります。

キャベツは春と夏と冬に旬があります。

一年で3回旬を迎えるキャベツで健康美人になりませんか。

春キャベツは甘みが増してビタミン類が豊富です。

ビタミンCは他の時期のキャベツの3倍も含まれています。

ビタミンUは胃薬の主成分にも使われています。

ビタミンUは「キャベジン」とも呼ばれています。

ビタミンUには、胃壁保護・肝機能アップ・活性酸素除去などの働きがあります。

春キャベツには食物繊維もたくさん含まれています。

便秘の解消におススメのキャベツです。

ボロンとは聞きなれない成分ですが女性ホルモンに関係があります。

ボロンは女性ホルモン活性化させる働きがあります。

肌のハリ・弾力・潤いアップにキャベツを食べませんか。

 

春キャベツを食べる

 

94488524b2b6dd322e8617178c9dda08

 

春キャベツ特有の豊富なビタミン類は、熱を加えたり長時間水にさらしたりするだけで半減してしまいます。

そのため、春キャベツはサラダなどの生で食べる方が良いですね。

春キャベツを千切りにして塩コショウにチョット酢をかけて食べると美味しいですね。

ビタミン類や食物繊維豊富な美味しい春キャベツで健康美人になりませんか。

女性ホルモンを改善するボロンも含まれているのでキレイになりたい女性におススメします。

 

春キャベツの料理

 

春キャベツはサラダや甘酢漬けやピクルスなどにして食べるのがビタミン類を壊さない食べ方になります。

キャベツの葉にはビタミン類やミネラル類やアミノ酸類が含まれています。

キャベツの内側の中心に近いほどビタミンCが多く含まれています。

外側の緑が濃い部分にはカロテンが多く含まれています。

生キャベツがおススメの食べ方ですが、生キャベツが苦手な人や加熱して食べたい人には、電子レンジを使った調理方法をおススメします。

電子レンジを使った調理であれば水を使わないのでビタミン類の流出を抑えられます。

キャベツに含まれる栄養をバランスよく摂るためには、一枚ずつ外側からはがして使うのではなく、丸のまま包丁でざっくりと切って使う方が良いですね。

 


PAGE TOP