アスパラガスの栄養価、食べ方、保存方法。冷凍はできる?

Sponsored Link

アスパラガスの美味しい食べ方を知っていますか。

アスパラガスには注目の栄養価もあります。

アスパラガスの正しい保存方法を知っていれば、美味しいアスパラガス料理を楽しめます。

 

次に、アスパラガスの食べ方・アスパラガスの栄養価・アスパラガスの保存方法などの紹介をします。

 

アスパラガスの食べ方

 

fd400086

 

アスパラガスの食べ方には、サラダ・炒め物・おひたし・汁物などがあります。

いろいろな料理に使える野菜ですが、下処理での茹で過ぎに注意する必要があります。

アスパラガスの根元側は皮が硬くて筋っぽくなっています。

アスパラガスの硬い部分を折って・ピーラーで皮を数センチむいて美味しく食べられるようにします。

アスパラガスの一番基本的な食べ方は“ゆでてから食べる”方法になります。

茹でる容器は、アスパラガスがすっぽり入る大きさのフライパンが最適です。

フライパンで水1リットルを沸かしてから小さじ2ほどの塩を入れます。

アスパラガスを入れて塩ゆでする時間は、普通の太さで1分30秒?1分45秒になります。

太めのアスパラガスでは2分くらい茹でます。

茹で上がったアスパラガスは冷水につけて冷やして色止めします。

シッカリ水気を拭き取って食べます。

美味しい食べ方には、「マヨネーズあえ」・「醤油+オリーブオイル」・「醤油+辛子」などあります。

「おかか和え」・「お浸し」・「ごま和え」・「白和え」にしても美味しく楽しめます。

次に、アスパラガスの栄養価やアスパラガスの保存方法の紹介をします。

 

アスパラガスの栄養価

 

f57m_1650

 

アスパラガスの食べ方では下茹でがポイントです。

「マヨネーズあえ」・「醤油+オリーブオイル」・「醤油+辛子」・「おかか和え」・「お浸し」・「ごま和え」・「白和え」にすれば美味しく食べられます。

アスパラガスの栄養価は豊富です。

タンパク質・アミノ酸のアスパラギン酸が多く含まれています。

アスパラガスの主な成分には、葉酸・アスパラギン酸・ビタミンP・カリウム・ビタミンE・ビタミンC・ビタミンB2・β―カロテンなどがあります。

アスパラガスには疲労やだるさを改善する働きがあります。

アスパラギン酸には糖質の代謝を促進する働きがあるので、健康ドリンク剤にも用いられているそうです。

 

アスパラガスの保存方法

 

アスパラガスの食べ方では、下茹でして「マヨネーズあえ」・「醤油+オリーブオイル」・「醤油+辛子」・「おかか和え」などがおススメです。

アスパラガスの栄養価では、アスパラギン酸が知られています。

次に、アスパラガスの保存方法を紹介します。

アスパラガスの保存方法には、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存が考えられます。

アスパラガスの保存の適温は2.5℃だとされています。

常温保存すると成長するので常温保存には向きません。

アスパラガスを美味しく食べるには、新鮮なうちに下茹でして冷蔵保存や冷凍保存をします。

茹でたアスパラガスの冷蔵保存期間は2~3日になります。

アスパラガスの冷凍保存期間は1ヶ月程度になります。

 


PAGE TOP