ビーガン(ヴィーガン)とベジタリアンの違いと有名人

Sponsored Link

ビーガン(ヴィーガン)とベジタリアンの違いを知っていますか。

ビーガン(ヴィーガン)の有名人には誰がいるのでしょうか。

「ビーガン(ヴィーガン)」という言葉は、1944年にイギリスのドナルド・ワトソンがつくりました。

ビーガン(ヴィーガン)協会の共同設立者である、ドナルド・ワトソンによって作られた「酪農製品を食べない菜食主義者」を表す言葉になります。

ヴィーガン協会は1951年に「ヴィーガニズム」の定義を「人間は動物を搾取することなく生きるべきだという主義」だと意味を拡大しました。

1961年には、H・ジェイ・ディンシャー がアメリカ・ヴィーガン協会を設立しました。

H・ジェイ・ディンシャーは、ヴィーガニズムをジャイナ教のアヒンサー(生物に対する非暴力)の概念に結びつけました。

ヴィーガニズムは完全菜食なので、動物を食料とすることを一切避けています。

 

次に、ビーガン(ヴィーガン)とベジタリアンの違いやビーガンの有名人を紹介します。

 

ビーガン(ヴィーガン)

 

e0bc86100602d496dc301dec163b47062b7b3a29

 

ビーガン(ヴィーガン)とベジタリアンの違いを知るためにビーガン(ヴィーガン)の概要を紹介します。

ビーガン(ヴィーガン)協会のヴィーガニズムの運動は、年々拡大を遂げています。

ヴィーガンのレストランも増加しています。

ローヴィーガニズムやヴィーガニズムを実践する人は、アイアンマン・トライアスロンやウルトラマラソン等の耐久競技のトップ選手にもいます。

アメリカ栄養士協会とカナダ栄養士協会は、栄養のバランスが充分考慮されたビーガン(ヴィーガン)食は適切な食事だとしています。

ビーガン(ヴィーガン食)は、食物繊維・マグネシウム・葉酸・ビタミンC・ビタミンE・鉄分・フィトケミカルの含有量が高くなっています。

しかし、カロリー・飽和脂肪・コレステロール・長鎖オメガ3脂肪酸・ビタミンD・カルシウム・亜鉛・ビタミンB12が低い傾向があります。

バランスを充分考慮したビーガン(ヴィーガン)食は、心臓病等、数多くの変性疾患に対し予防効果があることが知られています。

植物性の食物にはビタミンB12がほとんど含まれていません。

ビーガン(ヴィーガン)はビタミンB12が強化された食品の摂取かサプリメント摂取が必要だとされています。

次に、ベジタリアンの有名人を紹介します。

 

ベジタリアン(菜食主義者)

 

d0084580_1939661

 

ビーガンとベジタリアンの違いを知るためにベジタリアン(菜食主義者)の概要を紹介します。

菜食主義とは、健康・道徳・宗教等の理由で植物性の食品による食生活を行うことです。

明治以降に魚以外の動物の肉食が広まるまでは、菜食主義は日本の伝統宗教である大乗仏教の重要な戒律の一つでした。

哺乳類の肉を避ける食生活が菜食主義になります。

欧米の菜食主義の考え方では卵と牛乳を許容しています。

日本の菜食主義の考え方では魚を許容することがあります。

日本のベジタリアンの有名人には、女優の浅茅洋子さん・十一代目市川海老蔵さん・お笑い芸人の小藪千豊さん・ミュージシャンの財津和夫さんなどがいます。

次に、ビーガンの有名人を紹介します。

 

ビーガンのまとめと有名人

 

ビーガンとベジタリアンの違いをまとめると、ビーガン(ヴィーガン)は完全菜食主義者になります。

ベジタリアンは菜食主義者で、欧米では卵と牛乳を許容し日本では魚を許容することがあります。

ビーガン(ヴィーガン)の有名人では、音楽家の秋田昌美さん・俳優のリヴァーフェニックスがいます。


PAGE TOP