茄子は栄養がないと聞くけど、効果的な食べ方はある?栄養成分は何?

Sponsored Link

茄子(なす)は栄養成分が少ないと言われています。

茄子(なす)の栄養成分が少ないですが有効成分も含まれています。

有効成分を活かせる効果的な食べ方を知っていれば美味しい夏野菜を楽しめます。

茄子(なす)はナス科ナス属の緑黄色野菜です。

茄子(なす)の原産地はインドの東部と考えられています。

インドからビルマを経由して中国・日本へ伝わりました。

日本では1000年以上前から栽培されています。

日本で栽培される茄子の栽培品種の多くは果皮が紫色・黒紫色です。

ヨーロッパ・アメリカ等の茄子の果皮は白・黄緑色・明るい紫・縞模様などの品種も栽培されています。

茄子には「赤ナス」のような観賞用として生け花などにも利用されているものもあります。

 

次に、茄子(なす)のこと・茄子の栄養成分・茄子の少ない栄養成分を活かした効果的な食べ方などの紹介をします。

 

茄子(なす)

 

lgf01b201302061100

 

茄子は品種によって様々な食べ方があります。

栄養成分は少ないと言われますが、東洋医学では体温を下げる効果があるとされています。

茄子の果皮の色素の「ナスニン」は抗酸化作用があるアントシアニンの一種です。

日本での茄子の品種は約180種類を超える程度あります。

世界には1000種類もの茄子の種類があるとされています。

茄子は形状で分けられます。

「小丸ナス」は、 京都の椀ぎ(もぎ)・東北の民田(みんでん)・山形の出羽が知られています。

「丸ナス」は、信越地方・関西で栽培されています。

「卵形ナス」は関東一円で栽培されています。

「中長ナス」は全国的で栽培されています。

「長ナス」は関西以西と東北で栽培されています。

「大ナス」は九州地方で栽培されています。

「米ナス」はアメリカの品種です。

次に、茄子(なす)のこと・茄子の栄養・効果などの紹介をします。

 

茄子の栄養・効果

 

3gatag-00006758

 

茄子の栄養素を紹介します。

茄子の主成分の93%は水分と糖質です。

他の野菜と比べると、茄子の栄養価やカロリーは特に多い方でありません。

茄子に含まれている栄養素には、食物繊維・ナスニン・コリン・プロテアーゼインヒビター・クロロゲン酸などがあります。

食物繊維の含有量は、100g中に3.4gと比較的多く含まれています。

「ナスニン」には活性酸素の発生を抑制する抗酸化作用があります。

「ナスニン」にはガン抑制する効果があるとされています。

茄子に含まれている「コリン」には、血圧やコレステロールを下げる効果・動脈硬化予防・胃液の分泌促進・肝臓の働きの改善などの働きがあります。

「プロテアーゼインヒビター」は、口内炎・胃炎・肝炎・関節炎などの改善に効果があります。

「クロロゲン酸」はポリフェノールの一種です。

茄子の栄養素は少ないですが有効成分も含まれています。

次に茄子(なす)の効果的な食べ方の紹介をします。

 

茄子の食べ方

 

茄子の栄養素には、食物繊維・ナスニン・コリン・プロテアーゼインヒビター・クロロゲン酸などがあります。

茄子の主成分の93%は水分と糖質で栄養は少ないですが有効成分も含まれている美味しい夏野菜です。

次に、茄子(なす)の効果的な食べ方を紹介します。

茄子は煮物・焼き物・揚げ物・蒸し物料理にできる美味しい夏野菜です。

最近は一年を投資手食べられる野菜ですが、本来の旬は7月~9月になります。

茄子に含まれている栄養素を活かすには生食が適しています。


PAGE TOP