千切りキャベツの切り方と保存方法。冷凍できる?

Sponsored Link

千切りキャベツの上手な保存方法を知っていれば、美味しい瑞々しい千切りキャベツを食べられます。

千切りキャベツの保存方法には常温・冷蔵・冷凍が考えられます。

キャベツを千切りする目的は、繊維が多く硬い葉物野菜を千切りすることで食べやすい柔らかい食感にすることです。

千切りキャベツにすることで、火を通さなくても柔らかいキャベツを食べられます。

柔らかくて瑞々しい千切りキャベツは、サラダや揚げ物料理の添え物に適しています。

千切りキャベツは炒め物にも適しています。

細かい糸状のために調味料が絡んで美味しい炒め物になります。

 

次に、千切りキャベツの切り方・千切りキャベツを使った料理・千切りキャベツの保存方法と千切りキャベツ保存と冷凍について紹介します。

 

千切りキャベツの切り方

 

a3935ed7b05b9869fe5365e56aebec4f_t

 

千切りキャベツはトンカツや鶏のから揚げの横に添えられています。

千切りキャベツとは、キャベツを細かく刻んだものです。

キャベツを千切りする方法は2つに分けられます。

少量のキャベツをキレイに千切りにする方法と、大量のキャベツを千切りにする方法です。

少人数の家庭では少量のキャベツをキレイに千切りにする方法が役立ちます。

大家族や多くの人数に合わせてキャベツの千切りをしたいときには、大量のキャベツを千切りにする方法が役立ちます。

キャベツを千切りにする道具は、よく切れる包丁とまな板だけです。

キャベツを千切りにする包丁はある程度長いものを使います。

長い包丁をおススメする理由は、包丁の重さでキャベツを真っすぐ切れるからです。

少量のキャベツをキレイに千切りにするには、キャベツ1枚の芯を取ります。

芯を取ったキャベツの葉っぱを丸めます。

丸めた葉っぱを端から、包丁の刃を真っすぐにおろして切ります。

丸めた葉っぱを握る左手は「ネコの手」のように指先を丸めます。

親指の先は人差し指の先に軽く合わせます。

親指を「グー」から出すと指先を切るので注意してください。

大量のキャベツを千切りにする方法を紹介します。

キャベツを水平に2等分します。

2等分したキャベツの上半分を3等分します。

3等分したブロックを一つ一つ千切りにします。

包丁をまな板と平行にして切るのが基本です。

次に、千切りキャベツのおススメの保存方法や千切りキャベツの保存を冷凍でする前の処理の紹介をします。

 

千切りキャベツのおススメの保存方法

 

2c7f66fe9ee5e17910861c9c8b988801_t

 

千切りキャベツの保存方法では、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存が考えられます。

千切りにしたキャベツの常温保存はおススメできません。

千切りキャベツは冷蔵保存か冷凍保存をおススメします。

千切りキャベツを冷蔵保存するときに注意することは酸素の影響です。

千切りにしたキャベツをそのまま冷蔵保存すると黄色く変色します。

黄色く変色しても食べられますが、チョット美味しくなさそうに見えます。

千切りキャベツの変色を防ぐには、レモンと酢を少量入れた水に千切りにしたキャベツをサッとくぐらせます。

水気を切って保存パックに入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

水を張ったボウルに千切りキャベツを浸して冷蔵庫で保存すれば、シャキシャキ食感を保てます。

次に、千切りキャベツの冷凍保存方法と冷凍前の下処理を紹介します。

 

千切りキャベツの冷凍保存

 

千切りキャベツを冷凍保存するときには、冷凍保存をする前に茹でます。

千切りキャベツを沸騰したお湯に10~15秒くぐらせてから冷水にさらします。

茹でて冷水にさらすことでキャベツの鮮やかな緑色を維持できます。

冷水でさらして水気を切ったら冷凍庫で保存します。

冷凍保存した千切りキャベツは調理にスグに使えるので便利です。


PAGE TOP