ブロッコリーとカリフラワーは一緒?カロリー、栄養、味の違いは?

Sponsored Link

ブロッコリーとカリフラワーは似ていますが色も食感も一緒ではありません。

カリフラワーとブロッコリーに含まれている栄養には違いがあるのでしょうか。

また、ブロッコリーとカリフラワーの味の違いなどを知っていれば調理をするときに役立ちます。

 

次に、ブロッコリーとカリフラワーとの違い・栄養成分は一緒なのか、カリフラワーとブロッコリーでの栄養成分の違い・ブロッコリーとカリフラワーの味の違いなどの紹介をします。

 

ブロッコリー

 

fd400074

 

ブロッコリーとカリフラワーの違いを知るためにブロッコリーの概要を紹介します。

ブロッコリーは、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜になります。

ブロッコリーの和名はメハナヤサイ(芽花野菜・芽花椰菜)やミドリハナヤサイ(緑花野菜・緑花椰菜)です。

花を食用とするキャベツの一種です。

カリフラワーはブロッコリーの変種だと考えられています。

ブロッコリーの語源は「茎」と言う意味のイタリア語になります。

原産は地中海沿岸です。

食用とするのはブロッコリーのつぼみの状態の花序と茎になります。

収穫しないで栽培を続けると巨大になった花序に多数の黄色やクリーム色の花をつけます。

ブロッコリーの代表的な品種には、ピクセル・エンデバー・グリーンベール・シャスター・パラグリーン・マーシャル・チャレンジャー・海嶺・雷鳴・緑炎・緑帝・緑笛・緑嶺などがあります。

カリフラワーはブロッコリーと一緒の種類の野菜だったのですね。

次に、カリフラワーの概要・カリフラワーとブロッコリーの栄養成分・ブロッコリーとカリフラワーの味の違いなどを紹介します。

 

カリフラワー

 

photo2

 

ブロッコリーとカリフラワーの違いを知るためにカリフラワーの概要を紹介します。

カリフラワーはアブラナ科アブラナ属の淡色野菜です。

カリフラワーの和名は、ハナヤサイ(花野菜・花椰菜)やハナカンラン(花甘藍)です。

木立花葉牡丹(キダチハナハボタン)や花キャベツと呼ばれることもあります。

カリフラワーも頂花蕾を食用にする淡色野菜として栽培されています。

カリフラワーは観賞用途でも栽培されています。

カリフラワーの名前の由来はキャベツ類の花だそうです。

白くこんもりとした花蕾と太い茎が特徴の淡色野菜です。

カリフラワーとブロッコリーは一緒の品種です。

次に、カリフラワーとブロッコリーの栄養成分とブロッコリーとカリフラワーの味の違いなどを紹介します。

 

ブロッコリーとカリフラワー

 

ブロッコリーとカリフラワーは一緒の種類の野菜です。

ブロッコリーは緑黄色野菜でカリフラワーは淡色野菜です。

日本では緑色がブロッコリーで白色がカリフラワーのことが多いようです。

カリフラワーとブロッコリーに共通している栄養成分はビタミンCです。

ブロッコリーはカリフラワーの約50倍近くのβ‐カロテンを含んでいます。

ブロッコリーとカリフラワーの味の違いは固めに茹でると分かります。

ブロッコリーはシナっとした葉物野菜の味がします。

カリフラワーはモコモコ・コリコリした食感でキャベツのような味がします。


PAGE TOP