かぼちゃのわたは食べられる?わたの食べ方や栄養など

Sponsored Link

かぼちゃの“わた”は食べれるか食べられないか気になりますね。

こぼちゃの“わた”が食べられればうれしいですね。

美味しいかぼちゃの“わた”スープのつくり方など知っていれば、美容と健康に役立てられそうです。

かぼちゃの漢字表記は「南瓜」になります。

かぼちゃはウリ科カボチャ属の緑黄色野菜になります。

原産地は南北アメリカ大陸だと考えられています。

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類を多く含む緑黄色野菜として人気があります。

栽培されているかぼちゃの種類は、クロダネカボチャ・セイヨウカボチャ・ニホンカボチャ・ペポカボチャの5種類とそれらの雑種になります。

セイヨウカボチャは、アンデス山脈高地の冷涼な土地で栽培化された種です。

現在日本で広く栽培されているかぼちゃはセイヨウカボチャになります。

セイヨウカボチャは、粉質で食感はホクホクとして甘みは強い果肉が特徴です。

セイヨウカボチャは栗かぼちゃとも呼ばれています。

ニホンカボチャには、日向・小菊などの品種があります。

鹿ケ谷かぼちゃ・春日ぼうぶらのような伝統野菜や、バターナッツ・スクワッシュや鶴首かぼちゃなどもニホンカボチャになります。

 

次に、かぼちゃの栄養・かぼちゃの“わた”食べれるか?・かぼちゃの“わたスープ”などについて紹介します。

 

かぼちゃの栄養

 

2003090060241

 

かぼちゃの栄養成分はビタミン類・β‐カロテン・食物繊維・リグナンなどになります。

ビタミン類では、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンEが含まれています。

ビタミンB1は疲労回復に役立つビタミンです。

ビタミンB2は口内炎を予防するのに役立ちます。

ビタミンCは美容と健康に欠かせません。

ビタミンEには血行を促進する働きがあります。

β‐カロテンは体内でビタミンAに変わる栄養成分です。

ビタミンAには粘膜や皮膚の抵抗力を高める働きがあります。

ビタミンAには生活習慣病やガン予防に効果があるとも言われています。

セイヨウカボチャにはβ‐カロテンがニホンカボチャの約5倍含まれていると言われています。

かぼちゃの皮には食物繊維がたくさん含まれています。

食物繊維には、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあります。

リグナンはポリフェノールの一種でかぼちゃの種に含まれています。

次に、かぼちゃの“わた”は食べれるか?・かぼちゃの“わたスープ”などの紹介をします。

 

かぼちゃの“わた”は食べれるか?

 

2955_0

 

かぼちゃの“わた”が食べれることができれば、“わた”に含まれている栄養成分を美容と健康に役立てられます。

かぼちゃの“わた”は食べられます。

“わた”を使ったレシピもたくさんあるようです。

かぼちゃの“わた”を使った卵焼きやスープは美味しいそうです。

また。“わたジュース”も簡単に作れて美味しいと評判です。

 

かぼちゃの“わたスープ”

 

かぼちゃの“ わた”は食べれるだけでなく栄養成分も豊富です。

かぼちゃの“わたスープ”を美容と健康に役立てませんか。

かぼちゃの“わた”に含まれている栄養成分は、食物繊維・β‐カロテン・ビタミンKなどです。

“わた”には食物繊維が豊富に含まれています。

便秘が気になる人だけでなく、大腸ガン予防にもおススメの食材です。

β‐カロテンも豊富です。

β‐カロテンには、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。

ビタミンKには骨を丈夫にする働きがあります。

また、ビタミンKには血液の凝固作用もあります。

ビタミンKは乳幼児にとってとても大切な栄養素です。

かぼちゃの“わたスープ”は離乳食に役立ちそうです。


PAGE TOP