栗を食べて喉や唇にかゆみや痛みがでたら栗アレルギー?

Sponsored Link

旬を迎えた秋の味覚の栗は美味しいですね。

栗は、焼き栗にしたり蒸かして美味しく食べられます。

栗はモンブランやお饅頭などのお菓子の材料としても人気があります。

栗を食べるとアレルギーを発症する人もいます。

喉のイガイガなど、栗を食べてアレルギー症状が出た人は注意が必要です。

喉や唇だけでなく花粉症に似た症状が出る人もいます。

栗アレルギーは、大人から赤ちゃんまで可能性があるので注意が必要です。

栗はブナ科クリ属の果実です。

栗アレルギーの原因は「タンパク質」だということが分かっています。

代表的なアレルギーには、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎(花粉症)・アレルギー性結膜炎・ アレルギー性胃腸炎・食物アレルギー・薬物アレルギーなどがあります。

アレルギーの原因は、遺伝・生活環境・抗原に対する過剰な曝露などと考えられていますが、発症原因は現在でも分かりません。

アレルギーを起こす環境由来抗原はアレルゲンと呼ばれます。

アルルゲンには、ハウスダスト・花粉・ダニ・米・小麦・酵母・果物などが知られています。

日本でもアレルギー科がある病院が増えていますが、先進国ではアレルギー患者が増えているそうです。

 

次に、栗アレルギー・喉イガイガの栗アレルギー予防・喉や唇以外の栗アレルギー症状・赤ちゃんの栗アレルギー対策などの紹介をします。

 

栗アレルギー

 

gatag-00000136

 

栗はカシューナッツ・ピーナッツ・クルミなどのナッツ類に分類されています。

栗アレルギーの原因は「タンパク質」です。

「生体防御タンパク」が関係してアレルギー症状がでます。

栗アレルギーは「ラテックス・フルーツ症候群」と言われています。

喉のイガイガだけでなく、栗アレルギーでは唇や口の周辺や口の中にアレルギー症状が現れます。

重症化すると全身に広がって命の危険にかかわるケースもあるので、栗アレルギーは赤ちゃんの離乳食で注意が必要です。

花粉症の人は栗などのナッツ類を食べるとアレルギー反応が出る可能性が高いようです。

家族に花粉症の人がいる場合は、赤ちゃんの栗アレルギー検査をした方が良いかもしれません。

 

触っても栗アレルギー

 

yjimageQKMY98MS

 

栗アレルギーの症状が多く出るのは口の中・喉・唇・口の周りなので。

栗を食べてアレルギー症状が喉や唇にでるママは、栗アレルギーが赤ちゃんにでる可能性も考えたほうがよさそうです。

栗アレルギーは口の中や口の周辺だけではありません。

湿疹・ただれ・かゆみなどがカラダに現れます。

幼児の場合は、ほっぺや腕の関節部分が赤くなることがあります。

花粉症などと違い、栗アレルギーは触っただけでも発症する人がいます。

アレルギー反応が重症の人は、“匂いを嗅いだだけ”でも発症するそうです。

“触っただけ“や”匂いを嗅いだだけ“で発症する栗アレルギーは怖いですね。

 

栗のアレルギー予防

 

喉のイガイガ・くしゃみ・咳・唇の異変だけでなく、栗アレルギーでは喘息に似た症状もあります。

喉や唇だけだった栗アレルギーが重症化することもあるので注意が必要です。

家族に「ラテックス・フルーツ症候群」の人がいる場合は、赤ちゃんのアレルギー検査をおススメします。

栗アレルギーなどの食物アレルギーは、基本的には完治しません。

栗を含むナッツ類のアレルギーは、一度発症すると成長に応じた改善が見込める可能性が低いとされています。

花粉症などがある人は、病院のアレルギー科で栗やナッツ類のアレルギー検査をして予防することが大切です。

栗は離乳食に使われていることが多いようです。

アレルギー発症の可能性を考えて、赤ちゃんに栗入りの離乳食を与えるときには“少しずつ”からにしてください。


PAGE TOP