新玉ねぎの保存方法。冷凍保存はできる?皮をむいて保存できる?

Sponsored Link

新玉ねぎは美味しいですね。

新玉ねぎの上手な保存方法を知っていれば、新玉ねぎを使った料理を楽しめます。

新玉ねぎの保存には冷凍保存はあるのでしょうか。

新玉ねぎの皮をむいて保存すれば炒め物につかえます。

新玉ねぎは春に旬を迎えます。

新玉ねぎの特徴は、下処理せずに生食できるほど甘みが強いことです。

新玉ねぎなら、玉ねぎ嫌いの子どもでも食べられます。

玉ねぎの漢字表記は「玉葱」・「葱頭」です。

玉ねぎはネギ属の野菜になります。

玉ねぎの原産地は中央アジアとされています。

玉ねぎの栽培の歴史は古くて紀元前のエジプト王朝時代には配給されていたようです。

ヨーロッパの地中海沿岸に伝わった玉ねぎは2系統に分かれます。

東ヨーロッパでは辛味の強い辛タマネギ群が作られました。

南ヨーロッパでは辛味の少ない甘タマネギ群が作られました。

日本に玉ねぎが伝わったのは江戸時代です。

江戸時代は鑑賞用だった玉ねぎですが、食用として本格的に栽培が始まったのは明治13年頃からです。

玉ねぎには、大きく分けて春まき栽培と秋まき栽培があります。

致命的な病気や害虫は少ないので栽培の容易な野菜とされています。

 

次に、玉ねぎの栄養と効能・新たまねぎの選び方と新玉ねぎの保存方法・新玉ねぎの冷凍保存とは・冷凍するときは新玉ねぎの皮をむいて保存したほうが良い?などの紹介をします。

 

玉ねぎの栄養と効能

 

tamanegi

 

玉ねぎの注目の栄養成分はビタミン類・ミネラル類・食物繊維・硫化アリルです。

ビタミン類は、ビタミンB1・ビタミンCなどです。

ミネラル類は、カリウム・リン・カルシウムなどです。

玉ねぎを切っているときに目にしみて涙が出てしまうのは硫化アリルが含まれているからです。

生で玉ねぎを食べたときに感じる辛味成分は硫化アリルです。

硫化アリルには、血液サラサラ・悪玉コレステロールの上昇抑制・動脈硬化予防・抗がん作用などがあります。

玉ねぎの効能は硫化アリルの働きが大きいですね。

血液サラサラ・血栓予防・動脈硬化予防・コレステロールの上昇抑制・?糖尿病改善?疲労回復などに玉ねぎを役立てませんか。

次に、新たまねぎの選び方と新玉ねぎの保存方法・新玉ねぎの冷凍保存とは・冷凍するときは新玉ねぎの皮をむいて保存したほうが良い?などの紹介をします。

 

新たまねぎの選び方

 

img_s01

 

新たまねぎの選び方は通年玉ねぎの選び方とは異なります。

新玉ねぎは、水分が多くて扁平な形で柔らかいのが特徴です。

新玉ねぎは生食で美味しく食べられますが傷みやすい欠点があります。

新玉ねぎの選び方のポイントは、ズッシリとした重みと皮のツヤがあるものです。

傷んでいないかカビが付着していないかをシッカリ確認してください。

新玉ねぎの保存では、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室をおススメします。

次に、新玉ねぎの冷凍保存とは・冷凍するときは新玉ねぎの皮をむいて保存する?などの紹介をします。

 

新玉ねぎの冷凍保存

 

新玉ねぎは冷蔵庫の野菜室で冷蔵保存して、新鮮なうちに食べるのが良いです。

しかし、大量にある場合は冷凍保存する方法もあります。

新玉ねぎは糖分と水分量が多いので、長期間冷蔵庫の野菜室に入れていると腐ります。

新玉ねぎを冷凍保存するときには下処理が必要になります。

新玉ねぎを冷凍保存するときには、スライス・みじん切り・炒めてから冷凍します。

新玉ねぎの皮をむいて保存した場合は、解凍後に水分が出てしまうのでサラダには不向きです。

冷凍保存した新玉ねぎは炒め物や煮物に使ってください。


PAGE TOP