かき氷のシロップはみんな同じ味?味の違いをもたらす理由

Sponsored Link

夏のスイーツなら「かき氷」ですね。

氷を細かく砕いた上にシロップをかけると最高です。

シロップの類には、

・イチゴシロップ・メロンシロップ・レモンシロップ・ブルーハワイ

・コーラシロップ・水(すい)・マンゴーシロップ・オレンジシロップ

・日向夏シロップ・レインボー・濃縮乳酸菌飲料・コーヒー・黒蜜・加糖練乳・梅酒などがあります。

かき氷に乗せるスイーツには、アイスクリーム・宇治金時・氷小豆などもあります。

かき氷シロップのイチゴシロップ・メロンシロップ・ブルーハワイなどはみんな同じ味だという噂がありますが本当でしょうか?

かき氷シロップの成分が同じであれば同じ味になりそうですが。

 

次に、かき氷のシロップ・かき氷シロップはみんな同じ味?かき氷シロップの成分などの紹介をします。

 

かき氷シロップ

 

publicdomainq-0009304etd

 

かき氷はシロップが同じでも地域によってお店によって呼び名や盛り付け方が違います。

かき氷専用のシロップは「氷蜜(こおりみつ)」と呼ばれています。

人気のシロップ類の特徴を紹介します。

イチゴシロップは赤色のシロップです。

かき氷に用いられるイチゴシロップは、食用の着色料で赤く色づけされています。

香料でイチゴ風の香りがつけられています。

一部の市販商品にはイチゴ果汁を用いたものもあります。

メロンシロップは緑色のシロップです。

レモンシロップは黄色のシロップです。

ブルーハワイは青色のシロップです。

カクテルのブルーハワイを連想させる名がつけられています。

ブルーハワイのシロップのことを、九州ではハワイアンブルーと呼ぶ地域もあります。

次に、かき氷シロップはみんな同じ味?かき氷シロップの成分などの紹介をします。

 

かき氷シロップはみんな同じ味?

 

illust3090

 

かき氷シロップはみんな同じ味という噂がありますが本当でしょうか?

イチゴのかき氷とメロンのかき氷では違う味がするように思っていたのですが。

かき氷のシロップの味を味覚センサーで検証した結果があります。

味覚センサーで検証したのは市販のイチゴ味の氷蜜・メロン味の氷蜜・ブルーの氷蜜です。

イチゴ・メロン・ブルーともに無果汁の市販品で検証した結果です。

味覚センサーでは食べ物の基本5味を検証できます。

甘味・旨味・塩味・苦味・酸味を検証した結果、分析の数値は同じでした。

色によって味が違うと感じるのは思い込みだったようです。

次に、かき氷シロップの成分などの紹介をします。

 

かき氷シロップの成分

 

かき氷シロップがみんな同じ味がどうかを検証した市販のシロップの成分を紹介します。

イチゴ味のかき氷シロップの成分は、砂糖・混合ブドウ糖・果糖・液糖・酸味料・香料・増粘多糖類・保存料・着色料などです。

メロン味のかき氷シロップの成分とブルーのかき氷シロップも同じ内容でした。

違うのは着色料の種類でした。

・イチゴ味の着色料は「赤色40号」

・メロン味の着色料は「黄色4号・青色1号」

・ブルー(ラムネ風味)の着色料は「青色1号」でした。

かき氷のシロップの成分は同じものというのは噂ではなく本当のことだったようです。


PAGE TOP