コーヒー豆、インスタントコーヒー、缶コーヒーは腐る?賞味期限は?

Sponsored Link

缶コーヒーは腐るか?コーヒー豆は腐るか?コーヒー粉は腐るか?と気になりませんか。

缶コーヒー・コーヒー豆・コーヒー粉の消費期限や賞味期限を気にしていない人も多いような気がします。

「消費期限」は、保存ができない食品(弁当・洋菓子・水菓子など)に食品に表示されています。

消費期限は、開封していない状態で定められた方法で保存した場合に、食べても安全な期間になります。

「賞味期限」は、比較的傷みにくい食品(清涼飲料水・ハム・ソーセージ・冷凍食品など)の食品に表示されています。

賞味期限は、開封していない状態で定められた方法で保存した場合、その日付まで美味しく食べたり飲んだり出来る期間になります。

缶コーヒー・コーヒー豆・コーヒー粉は比較的傷みにくい食品なので「賞味期限」が表示してあります。

 

次に、缶コーヒーは腐る?コーヒー豆は腐る?コーヒー粉は腐る?・賞味期限は?などの紹介をします。

 

缶コーヒーは腐る?

 

a22023702e3dc96dfadebe1de7293b93

 

缶コーヒーは未開封であれば腐ることはないと考えられます。

缶コーヒーメーカーのQ&Aのコーナーで賞味期限についての話がありました。

缶コーヒーを美味しく飲むには、賞味期限内に飲むことが求められていました。

賞味期限とは、“開封していない状態で表示されている保存方法に従って保存した時に、美味しくめる期間”です。

保存がきく食品には賞味期限が表示されています。

賞味期限が表示されている缶コーヒーは、賞味期限が過ぎてもスグに飲めなくなることはありません。

しかし、缶コーヒーを美味しく味わうには購入後は定められた保存方法で保存して期限内に飲んだ方が良さそうです。

一般的な常温での保存では、直射日光が当たらない風通しの良い冷暗所とされています。

日本工業規格での「常温」は、20℃±15℃(5~35℃)になります。

缶コーヒーの定められた保存方法が常温であれば、5~35℃で保存すればOKですね。

但し、コンビニや自動販売機の缶コーヒーは温められているので、35℃を超えている可能性があります。

加熱された缶コーヒーは加熱劣化しているので、賞味期限は2週間になるようです。

加熱された缶コーヒーは表示されている消費期限ではないので、2週間以上経過したのは捨てた方が無難です。

次に、コーヒー豆は腐る?コーヒー粉は腐る?などの紹介をします。

 

コーヒー豆は腐る?

 

COFFEE0I9A8925_TP_V

 

常温で缶コーヒーは腐ることはありませんが、自動販売機やコンビニで加熱された缶コーヒーを購入したら冷えない内に飲んでください。

加熱した缶コーヒーは表示されている賞味期限ではありません。

コーヒー豆は腐るのではなく酸敗するようです。

酸敗とは、細菌や熱・水分などの作用を受けて酸化および分解し、色・味・においなどが変化して酸味を呈する現象のようです。

コーヒー豆は、酸化して色・ニオイ・味などが変化して酸味のある状態になります。

酸敗したコーヒーとは、酸っぱいコーヒーのようです。

舌を刺す酸味のあるコーヒーです。

焙煎してから常温で放りっぱなしにして何ヶ月も経過すると酸敗した豆になります。

コーヒー豆は爽やかな香りがあるうちに美味しく飲みましょう。

次に、コーヒー粉は腐る?があります。

 

コーヒー粉は腐る

 

缶コーヒーは腐ることはありませんが、加熱したものは暖かいうちに飲みましょう。

コーヒー豆は腐るのではなく酸敗します。

せっかくの良い香りのコーヒーを酸っぱくしてしまってはもったいないです。

焙煎したコーヒーは爽やかな香りがあるうちに楽しみましょう。

コーヒー粉も腐ることはありませんが不味くなります。

コーヒーは賞味期限が長くて腐りにくい食品です。

賞味期限切れでも未開封であれば、1~2年は飲めるようです。

飲めますが風味や味は保証されていません。

開封して2ヶ月以上経過したコーヒーは、カビや虫が入っている可能性があるので注意してください。


PAGE TOP