吹立菜(ふきたちな)の旬な時期、栄養、食べ方、保存方法

Sponsored Link

吹立菜(ふきたちな)は、「くきたち菜」・「唐菜」・「てんば菜」と呼ばれます。

吹立菜はアブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜になります。

カブ菜の一種で小松菜の亜種であるとされています。

吹立菜は、石川県金沢市の笠舞地区で江戸時代の頃には栽培されていました。

石川県南部では主に漬物や煮物などの郷土料理に使われています。

春になると茎を伸ばしてトウ立ちして花芽を付けます。

明治時代から栽培されている会津地方では「くきたち菜」とも呼ばれています。

吹立菜の葉の形は小松菜に似ています。

葉の縁に細かいギザギザがあります。

春になると茎が伸びる野菜で、茎も比較的柔らかく美味しいので人気があります。

収穫時期によってはアクが強い物もあるので下処理が大切です。

 

次に、吹立菜の旬と吹立菜の栄養・吹立菜の選び方と保存・吹立菜の味と吹立菜 食べ方などの紹介をします。

 

吹立菜の旬と吹立菜の栄養

 

0c0a91d41450f77ab4f587c472cd899d_t

 

石川県金沢市が主な産地の吹立菜は地元でも「地野菜」として人気があります。

現在も金沢市を中心に消費されています。

吹立菜の収穫時期は、収穫は早い物だと11月頃から始まります。

吹立菜は、雪が降ってからの方が甘く美味しいと言われています。

収穫はトウ立ちして花が咲く前の3月頃までです。

吹立菜の旬は12~2月頃になります。

吹立菜の栄養成分はβ―カロテンやビタミン類やミネラル類になります。

β―カロテンには抗発ガン作用や免疫賦活作用の効果が期待されています。

β―カロテンは体内でビタミンAに変換されて、髪の健康・視力・粘膜・皮膚の健康維持に役立ちます。

喉や肺など呼吸器系統を守る働きもあるようです。

次に、吹立菜の選び方と保存・吹立菜の味と吹立菜 食べ方などの紹介をします。

 

吹立菜の選び方と保存

 

s-2010042219074753825

 

吹立菜の旬は12~2月頃になります。吹立菜の栄養成分は、β―カロテン・ビタミン類・ミネラル類などです。

吹立菜をスーパーや八百屋さんで選ぶときには、葉の緑が濃く鮮やかで葉が厚くシャキッとしているものにします。

茎は薄い緑色をしているものが美味しいですね。

美味しい野菜にはβ―カロテンなどの栄養成分も豊富に含まれています。

吹立菜は傷みやすい野菜です。

乾燥予防のために濡れた新聞紙などで包みビニール袋にいれて、冷蔵庫の野菜室に保存します。

野菜室に保存する時には根の部分を下にして立てて保存すると日持ちします。

次に、吹立菜の味と吹立菜 食べ方などの紹介をします。

 

吹立菜の味と吹立菜の食べ方

 

吹立菜は旬の時期に食べると、吹立菜の栄養成分のβ―カロテン・ビタミン類・ミネラル類を美味しく摂取できます。

吹立菜はクセのない味なのでいろいろな料理に使えます。

吹立菜の食べ方は小松菜と同じです。

下茹でする時に、茎の部分と葉柄を分けて茹でれば食感が良く仕上がります。

料理には、煮物・汁物・お浸し・和え物・炒め物などがあります。


PAGE TOP