豆苗の旬な時期、栄養、食べ方、保存方法。カイワレとの違い

Sponsored Link

豆苗(とうみょう)はエンドウの芽の先端の豆の苗です。

エンドウが発芽してある程度の大きさになったら芽の先端を摘み取ります。

中国では古くから豆苗は食材とされていました。

中国には豆苗用に品種改良されたエンドウがあるようです。

スーパーや八百屋さんには多くの種類のスプラウトが並んでいます。

豆苗もスプラウトの一つになります。

スプラウトは温度・水量などのコントロールができる植物工場で栽培されています。

植物工場での栽培では虫も付かないので生産管理が行き届いています。

台風や寒波などの影響を受けないので、植物工場を使った水耕栽培の野菜には価格の変動がほとんどありません。

 

次に、豆苗の旬・豆苗の栄養・豆苗の食べ方・豆苗の選別方法と保存方法を紹介します。

 

豆苗の旬

 

vegetable_toumyou

 

豆苗はきれいな濃い緑色で、えんどう特有の香りがする風味豊かなスプラウトです。

日本では、キヌサヤエンドウやサトウエンドウなどの若芽です。

最近はソラマメのスプラウト、「そらまめ豆苗」というのも人気のようです。

豆苗はハウス栽培や植物工場で栽培されているので通年安定して流通しています。

豆苗の旬は特に感じられません。

本来の豆苗の収穫時期は3~5月にかけての春です。

豆苗の本来の旬は3~5月の春季になります。

次に、豆苗の栄養・豆苗の食べ方・豆苗の選び方と保存方法の紹介をします。

 

豆苗の栄養

 

929c3cf3

 

豆苗はやっぱり旬の時期が美味しいですね。

豆苗に含まれている栄養成分には、β―カロテン・ビタミン類・ミネラル類や食物繊維があります。

豆苗にはホウレンソウを上回るβ―カロテンが含まれています。

β―カロテンには、抗発ガン作用・動脈硬化予防効果が期待されています。

β―カロテンは体内でビタミンAに変換されます。

髪・皮膚・粘膜の健康維持・視力維持・呼吸器系統を守る働きなどがあります。

ビタミン類では、ビタミンB群やビタミンKが豊富に含まれています。

ビタミンB群が新陳代謝の働きをサポートします。

ビタミンKが正常な細胞の増殖を助けます。

ミネラル類では、カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄などが含まれています。

豆苗の食べ方では生のままのサラダが美味しいですね。

シャキシャキした食感を楽しめます。

汁物の具・炒め物・和え物などでも美味しく食べられます。

次に、豆苗の選別方法や保存方法を紹介します。

 

豆苗の選別方法・保存方法

 

豆苗の旬は春季になります。

豆苗の栄養にはβ―カロテン・ビタミン類・ミネラル類・食物繊維があります。

豆苗の食べ方ではサラダをおススメします。

豆苗を選ぶときには葉の色の緑が濃いものにしてください。

根付きのものが新鮮さを保っています。

切ったものは切り口が茶色に変色していないものを選びます。

豆苗の保存方法は、買ってきたままの袋入り状態であればそのまま冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。

開封後は早めに食べてください。


PAGE TOP