きんぴらごぼうの「きんぴら」の語源、意味、定義、歴史

Sponsored Link

きんぴらごぼうは金平(きんぴら)とも呼ばれています。

きんぴら(金平)は、日本食のなかの人気の惣菜の一つです。

きんぴらごぼう(金平)は、繊切りにした牛蒡(ごぼう)を砂糖・醤油などの調味料を使って甘辛く炒めたものになります。

きんぴらごぼう(金平)の材料のごぼうには食物繊維が豊富に含まれています。

ごぼう(牛蒡)に含まれている食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。

便秘の解消には食物繊維が多い食品を食べると良いとされています。

ごぼう(牛蒡)に含まれている不溶性食物繊維の「リグニン」には、腸内の発ガン性物質を吸着するので大腸ガンの予防効果が期待できます。

ごぼう(牛蒡)にはイヌリンも含まれています。

イヌリンは食物繊維に含まれる炭水化物の一種になります。

ごぼう(牛蒡)に豊富に含まれているイヌリンには、血糖値を改善する働きや、ビフィズス菌の成長を促す働きがあると言われています。

きんぴらごぼう(金平)は生活習慣病予防・改善に良い食品ですね。

ごぼう(牛蒡)には、カリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラル成分も豊富に含んでいます。

きんぴらごぼう(金平)を、健康・美容に役立てませんか。

 

次に、きんぴらごぼう(金平・きんぴら)のこと・金平の語源や意味・きんぴらごぼう(金平)の定義・きんぴらごぼう(金平)の歴史などの紹介をします。

 

きんぴらごぼう

 

cded69a582804b78c3fd3719da9a8a43_t

 

きんぴらごぼう(金平)の主な材料は、ゴボウ・レンコン・ニンジンなどの根菜類が一般的です。

金平の材料には、ゴボウ・レンコン・ニンジンの他に、厚めに剥いたダイコンの皮・ヤーコン・ウドなどを使う地域もあります。

金平の味付の調味料では、味醂・日本酒・砂糖・醤油が基本になります。

基本調味料に加えて、お好みで鷹の爪やゴマなどを加える場合もあります。

豚や牛のバラ肉を加えること、男性や子供たちにも喜ばれます。

きんぴらごぼう(金平)の語源には坂田金時が関係しているとされる説があります。

金平は、熊と相撲をして遊んでいた金太郎としても知られる坂田金平の息子の名前です。

坂田金時は平安中期の武人で源頼光(よりみつ)の四天王の一人になります。

坂田金平は坂田金時の息子になります。

坂田金時の息子の金平から「きんぴら」という名が付けられたという説です。

金平(きんぴら)が語源・意味なったのは、江戸時代は牛蒡(ごぼう)は精の付く食べ物と考えられていたことにあります。

力持ちの伝説で知られていた金平にあやかって名付けられました。

次に、きんぴらごぼう(金平)の定義・きんぴらごぼう(金平)の歴史などの紹介をします。

 

きんぴらごぼうの定義

 

o0800053312405223540

 

きんぴら(金平)の語源や意味は、力持ちで知られていた坂田金平の名前から来ていると考 えられます。

きんぴらごぼう(金平)定義は定かではありません。

一般的なきんぴらごぼう(金平)は、千切りにしたゴボウ・レンコン・ニンジンを植物油で 炒めて、砂糖・味醂・醤油・日本酒などの調味料を加えて、唐辛子等で辛味をきかせた料理 になります。

ゴボウ・レンコン・ニンジンなどの根菜類に、基本調味料の味醂・日本酒・砂糖・醤油などで味付けした料理がきんぴらごぼう(金平)になるのではないでしょうか。

次に、きんぴらごぼう(金平)の歴史を紹介します。

 

きんぴらごぼうの歴史

 

きんぴら(金平)の語源・意味は、力持ちで知られる坂田金時の息子の坂田金平にあるよう です。

きんぴらごぼう(金平)の定義は定かではありませんが、ゴボウ・レンコン・ニンジンなど の根菜類に基本調味料(味醂・日本酒・砂糖・醤油)で味付けして炒める料理になるのでは ないでしょうか。

金平(きんぴら)と名がつく料理の多くは、砂糖・醤油などで味付けされた炒めものです。

きんぴらごぼう(金平)の歴史は定かではありませんが、江戸時代には「きんぴらごぼう」は人気のオカズだったようです。


PAGE TOP