ナッツと豆の違い。どんな種類がある?ピーナッツはどっち?

Sponsored Link

ナッツと豆の違いが分からないと、ナッツと豆を健康美容に役立てられませんね。

ナッツと豆は栄養成分豊富な食物です。

ナッツと豆の種類や栄養の違いを知れば、健康・美容料理つくりに役立ちます。

ナッツの種類には、

・ヘーゼルナッツ・アーモンド・カシューナッツ・ペカン(ピーカン)

・マカダミアナッツ・ピスタチオ・ココナッツ・松の実・ヒマワリの種

・カボチャの種・スイカの種・シイ・クルミ・クリ・銀杏・ゴマ・ブラジルナッツなどがあります。

ナッツは木の実です、ピーナッツ(落花生)土の中にあるので豆の種類になります。

堅果といわれる外側の殻がとても硬いナッツには、マカダミアナッツやヘーゼルナッツがあります。

核果といわれる果実の中心の核の中に種子があるナッツには、アーモンドやクルミがあります。

果実の種の部分を食用とするナッツには、カシューナッツやピスタチオやヒマワリの種があります。

ダイエット向きのナッツとして注目されているものに、アーモンド・松の実・クルミがあります。

美味しいナッツは健康・美容に役立ちます。

 

次に、ナッツの栄養・豆の種類・豆の栄養・ナッツと豆の違いなどの紹介をします。

 

ナッツの栄養

 

img61889202

 

ナッツと豆の違いには含まれている栄養成分だと言われています。

ナッツには多くの種類がありますが、アーモンド・松の実・クルミの栄養成分を紹介します。

アーモンドには良質な不飽和脂肪酸のオレイン酸やビタミンEが豊富に含まれています。

オレイン酸には食後の血糖値を安定する働きがあるので、体に脂肪がつきにくくなります。

松の実にはピノレン酸が含まれています。

ピノレン酸には、抗炎症作用や鎮痛作用があるのでアトピーやアレルギーなどに効果があるとされています。

ピノレン酸には食欲抑制効果があるのでダイエットに役立ちます。

クルミには、青魚に含まれていることで注目されているオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

オメガ3脂肪酸には、コレステロールや中性脂肪改善に効果があるとされています。

 

豆の種類

 

food02

 

ナッツと豆の違いを知ることで健康・美容に活かせます。

豆は植物分類学上はマメ科に属する植物の種子になります。

マメ科には18000種がありますが食用にされているのはその中の極一部になります。

豆の種類を紹介します。

・インゲンマメ属のインゲンマメ種・インゲンマメ属のベニバナインゲン種

・エンドウ属・キマメ属・ササゲ属のササゲ種・ササゲ属のアズキ種・ソラマメ属

・ダイズ属・ヒヨコマメ属・ヒラマメ属・ラッカセイ属・ルピナス属・レンリソウ属

・クラスタマメ属・トビカズラ属・イナゴマメ属・パルキア属などです。

ピーナッツはナッツと言いますが、土の中でできるので豆の種類になります。

豆は、他の作物と比較して暑さ・寒さに強く、雨など成長に必要な水分を多く必要としないので多くの地域で栽培されています。

 

豆の栄養

 

ナッツと豆の違いには栄養成分があります。

豆の栄養成分を紹介します。

豆にはタンパク質・ビタミン類・ミネラル類・食物繊維が豊富に含まれています。

ビタミン類では水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンのビタミンEとビタミンKが含まれています。

水溶性ビタミンは、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸・パントテン酸などです。

ミネラル類では、カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛・銅などが含まれています。


PAGE TOP