生姜の保存方法と栄養、常温、冷蔵、冷凍で保存できる?

Sponsored Link

生姜の保存方法を知っていれば料理に活かせます。

生姜は消毒作用が高いので風邪を引いたときに役立ちます。

生姜・ジンジャーは家庭料理のアシスト役として活躍してくれる薬味食材です。

魚の煮付けや焼きに使うと美味しいので愛用している人も多いようです。

生姜を一個買う場合も多いですが家庭で一気に使い切る事は難しいですね。

生姜と言えば最初にくるイメージは殺菌作用です。

生姜にはいろいろな料理に使えます。

生姜は酢漬け・炊き込みご飯・佃煮・味噌漬け・マリネ・ピクルスなどに利用されています。

ネット上には生姜を活用した料理が紹介してありました。

生姜タップリのチキンライス・豚肉と生姜のしゃぶしゃぶ・生姜たっぷりのラーメンなどです。

生姜の特徴の辛み成分はジンゲロンと油性のショウガオールです。

生姜のジンゲロンやショウガオールには魚のくさみを消す方法があります。

肉や魚などの食物の毒を消す働きもあります。

 

次に、生姜の常温保存・冷蔵保存・冷凍保存などの保存方法があります。

 

生姜の働き

 

sgyjimage

 

生姜の保存方法を知っていれば有効成分をいろいろな料理を利用できます。

生姜の有効成分ではジンゲロン・ジョウガオール・ジンゲロールなどがあります。

ジンゲロンは生姜に含まれる辛み成分です。

新鮮な生姜よりも長時間加熱した生姜に多く含まれています。

ジンゲロンの働きには血行促進作用や冷え性改善の働きがあります。

血行と冷え性が改善することで新陳代謝が高まり、腸のぜん動運動の活発化が期待できます。

ショウガオールは加熱した生姜に含まれています。

ショウガオールは血液の流れを良くします。

ショウガオールには老化防止・病気予防する働きがあると言われています。

ジンゲロールには殺菌作用・免疫細胞活性化・胆汁の分泌促進作用・頭痛改善などの働きがあります。

生姜のジンゲロール成分はお寿司のガリに含まれています。

ガリはジンゲロールの殺菌作用を活用した食品として知られています。

代表例であるといえます。

ガリに含まれているジンゲロールは、生魚の生臭さ解消や食中毒予防に効果があります。

 

生姜の常温や冷蔵や冷凍などの保存方法

 

biyjimage

 

生姜は常温保存・冷蔵保存ができます。

生姜を保存するのに適している温度は14~15℃です。

気温が低い春季・秋季・冬季であれば直射日光を避けて冷暗所に保存できます。

保存期間は1週間程度であると考えられます。

気温が上昇する夏季には冷暗所でも14~15℃の適温をキープするのは難しいので常温保存は避けた方が適切です。

気温が高い夏季には冷蔵庫での冷蔵保存をおススメします。

冷蔵庫に保存するときには野菜室に保存してください。

冷凍保存も可能です。生姜は丸のまま保存して、使用するときにはすりおろしやカットしてください。

2週間程度は保存できます。

 

冷蔵保存の方法

 

生姜の冷蔵保存には2つの保存方法があります。

生姜を湿らせたクッキングペーパーに包んでるリーザ―パックやビニール袋に入れて野菜室に保存してください。

タッパーに水を満たして生姜を浸して冷蔵庫に保存できます。

タッパーの水は3~4日毎に入れ替えて使用します。

タッパーに入れた水に浸した冷蔵保存方法であれば1ヶ月程度の長期保存が可能です。

 

 


PAGE TOP