カラストンビの名前の由来、食べ方。タコとイカのどちら?

Sponsored Link

カラストンビは、どうすれば美味しく食べられるのでしょうか。

カラストンビの名はどうして付けられたのでしょう、名の由来が気になる人も多いようです。

そもそもカラストンビは、タコとイカのどちらなのでしょう? 

カラストンビの漢字表記は「烏鳶」になります。

カラストンビとは、タコ・イカの顎ないしは顎板の俗称になります。

カラストンビの食べ方が気になりませんか。

 

次に、カラストンビのこと・カラストンビの名の由来・カラストンビはタコやイカのどこ?・カラストンビの食べ方などの紹介をします。

 

カラストンビとイカ・タコ

 

000840

 

カラストンビは、イカやタコの顎や口のことです。

カラストンビの名の由来は、カラスやトンビのくちばしの形に見えることから付けられているようです。

一般的には「カラストンビ」というとイカを思い浮かべる人が多いようです。

タコも「カラストンビ」と呼びますが「タコトンビ」と呼ぶ人も多くいます。

イカやタコには豊富な栄養成分が含まれています。

イカに含まれている栄養成分にはタウリンや亜鉛があります。

タウリンは、コレステロール値の改善や貧血の改善におススメです。

疲労回復や滋養強壮をサポートする亜鉛も含まれているので「カラストンビ」を食べて健康美人になりませんか。

タコにも生活習慣病改善やアンチエイジングに役立つ成分を含んでいます。

カラストンビは栄養価の高い食品です。食事に取り入れて健康美人作りに役立ててください。

次に、カラストンビの食べ方の紹介をします。

 

焼いて食べる

 

45799589

 

カラストンビの名の由来は、カラス・トンビのくちばしに似ているからです。

カラストンビはイカとタコの顎や口です。

カラストンビの食べ方には焼いて食べる方法が美味しいです。

ビールには、カラストンビを焼いて食べる方法をおススメします。

金網での焼き加減は、少し香ばしい薫りがしたときが食べごろです。

フライパンで焼くときには、強火を使って短時間で焼きます。

カラストンビはそのままでも食べられるので、ジックリ焼く必要はありません。

表面を香ばしく焼くのがポイントです。

 

カラストンビをカットする

 

カラストンビの名の由来は、カラスやトンビのくちばしの形に見えるからです。

カラストンビはイカとタコにあります。

タコの場合は「カラストンビ」だけでなく「タコトンビ」と呼ばれることもあります。

カラストンビの食べ方を紹介します。

カラストンビはそのままでも食べることもできますが、サイズが大きい場合は噛めないこともあります。

そのままかじることができないときには、ハサミでカットすれば食べやすくなります。

ハサミでカットする時には、カラストンビの「おヘソ」に対して垂直方向にカットします。

カットしたら、黒いカラのある部分(下方向)を摘まんでギュッと左右に開きます。

カット部分を指でつまんでギュッと左右に引っ張れば簡単に黒いカラを外せます。

焼いたカラストンビをカットして食べやすくして、美味しく味わってください。


PAGE TOP