ウインナーコーヒーの意味、由来、味の特徴、栄養価、カロリー

Sponsored Link

ウインナーコーヒーのファンも多いのではないでしょうか。

ウインナーコーヒーが広まって定着していない時代の頃の笑い話があります。

地方都市でウインナーコーヒーと注文したら、コーヒーにウインナーが添えられていたそうです。

今では、ウインナーコーヒーの美味しい味を知っている人も多いですね。

ウインナーコーヒーには乳脂肪分がタップリ含まれているので、ダイエット中の人は太るので飲み過ぎに注意したほうがよさそうです。

ウインナーコーヒーの1杯当たりのカロリーを知っていればダイエットにも役立ちますね。

ウインナーコーヒーは、「ウィンナ・コーヒー」とも呼ばれます。

オーストリアのウィーンを発祥とするコーヒーの飲み方の一つになります。

ウインナーコーヒーの「ウィンナ」とは「ウィーン風の」を意味しています。

ウインナーコーヒーをドイツ語表記すれば「Wiener Kafee(ヴィーナ・カフェ)」になります。

ドイツ語では「ウィーン風コーヒー」の意味しかなく特定の飲み方を具体的に示す言葉ではないようです。

 

次に、ウインナーコーヒーのこと・ウインナーコーヒーの味・ウインナーコーヒーは太る?・ウインナーコーヒーのカロリーなどの紹介をします。

 

ウインナーコーヒー

 

f75f8fcfb6500b6b0c761433e2f30aa2_t

 

日本のコーヒーショップでウインナーコーヒーを注文すれば、コーヒーの上にホイップクリームがタップリ浮かんでいます。

ウィンナーコーヒーの名称の由来となったのはウィーンですが、ウイーンにはウインナーコーヒーという名のコーヒーはありません。

日本のコーヒーショップで提供されるウィンナーコーヒーに近いのは、「アインシュペナー」・「カフェー・ミット・シュラークオーバース」などになります。

「アインシュペナー」にはコーヒーにほぼ同量の生クリームが載っています。

「アインシュペナー」は、カップではなくグラスに注がれています。

「カフェー・ミット・シュラークオーバース」は、コーヒーカップとは別の器に砂糖をかけたホイップクリームが添えられています。

次に、ウインナーコーヒーの味・ウインナーコーヒーは太る?・ウインナーコーヒーのカロリーなどの紹介をします。

 

ウインナーコーヒーの味

 

fce513fdcda709c04b98af389d4a53b4_t

 

コーヒーショップでウインナーコーヒーを注文すると、生クリームがタップリのった温かいコーヒーが提供されます。

ウインナーコーヒーを上手に飲めなければ味わうこともできませんね。

温かいコーヒーに、タップリの生クリームが浮かんだ「ウインナーコーヒー」を美味しく飲みませんか。

コーヒーと生クリームが混ざり合うと、苦味が緩和されクリーミーな味わいを楽しめます。

うまく飲めなくてこぼしてしまったり、生クリームばかり残ってしまったりしないための正しい飲み方があります。

最初は混ぜないで飲んでコーヒーを少し減らしてから混ぜると溢さないで飲めます。

次に、ウインナーコーヒーは太るのか?・ウインナーコーヒーのカロリーなどの紹介をします。

 

ウインナーコーヒーは太る?

 

ウインナーコーヒーは、緩和された苦味とクリーミーな味わいを楽しめます。

生クリームがタップリのったウインナーコーヒーは太るので飲み過ぎに注意が必要です。

特にダイエット中の人は、ウインナーコーヒーのカロリーオーバーに気を付けてください。

ウインナーコーヒーのカロリーは、タップリの生クリームの量と甘みの濃さに左右されます。

生クリーム100mlは348カロリーです。


PAGE TOP