アーティチョークの旬の時期、種類、カロリー、糖質

Sponsored Link

アーティチョークを食べたことがありますか。

アーティチョークは、キク科チョウセンアザミ属の植物です。

アンティチョークは、和名では「チョウセンアザミ」になります。

チョウセンアザミを漢字表記すると「朝鮮薊」になります。

アンティチョークは、若いつぼみを食用とします。

アンティチョークの原産地は地中海沿岸だと考えられています。

欧米では広く食用とされています。

イタリア料理では、カルチョーフィやカルチョーフォと呼ばれる一般的な野菜です。

イタリア料理では前菜などに使われています。

フランスでは、生のアンティチョークも食べます。

茹で料理や蒸し料理で食べられています。

アンティチョークを使ったカイユボート(フランス語版)というチーズもあります。

ポルトガルにもアーティチョークを使ったチーズ(セーラ ダ エストレーラ・ニーザなど)があります。

アジアにはアンティチョークを使ったお茶があります。

インドでは二日酔いの防止として、飲酒の後に茶に混ぜて飲まれているようです。

ベトナムではアーティチョーク茶がダラットの特産品になっています。

日本では観賞用として扱われていることが多く、野菜としてはあまり普及していませんでした。

 

次に、アンティチョークの種類・アーティチョークのカロリーや糖質・アーティチョークの旬などの紹介をします。

 

アーティチョークの種類

 

vegetable_artichoke

 

朝鮮薊とも呼ばれるアンティチョークは淡色野菜になります。

アンティチョークと同じキク科に分類されている野菜には、春菊・よもぎ・ふきのとう、などが知られています。

アンティチョークの一般的な食べ方は茹で料理や蒸し料理になります。

ユリ根のような食感と味覚が魅力的だという人も多いようです。

食べる部分はデンプンに富んでいて食感がイモに似ているという人もいます。

水溶性食物繊維に富んだ淡色野菜です。

アンティチョークの葉にはシナリンを含んでいます。

シナリンには肝臓の解毒に効果があるとされています。

シナリンには味蕾の甘味受容体の働きを阻害する働きもあります。

アーティチョークを食べると、食べた後の食べ物の味を甘く感じさせてしまう働きがあるとされています。

日本で一般的に食べられているアンティチョークの種類は一種類です。

次に、アーティチョークのカロリーや糖質・アーティチョークの旬などの紹介をします。

 

アーティチョークのカロリー・糖質

 

ed077621107485cbc2f8be1e649d0d5a_t

 

日本で食用とされているアーティチョークの種類は一つです。

アーティチョークのカロリーは100g当たりで48Kcalです。

野菜の平均カロリーは36Kcalとされているので、アーティチョークのカロリーは野菜の中ではやや高くなります。

アーティチョーク可食部1個分の重さは50~125gになります。

アンティチョーク1個分のカロリーは約24~60Kcalになります。

アーティチョークが野菜類の中でもカロリーが高い理由は、炭水化物が多く含まれているからです。

アーティチョーク100g当たりの糖質は2.6gになります。

野菜の100g当たりの平均糖質量は3.6gとされているので、アーティチョークの糖質は他の野菜の平均と比較してやや少なくなります。

アーティチョーク可食部1個の糖質量は1.3~3.25gになります。

次に、アーティチョークの旬などの紹介をします。

 

アーティチョークの旬

 

アーティチョークの旬の時期は5~6月頃だとされています。

アンティチョークの食べごろは夏のはじまりの時期になります。

ヨーロッパでは旬の時期が春から初夏にかけてなので、春を告げる野菜として人気があります。

日本国内では生産地が少ないので、出回っている多くは輸入品になります。

輸入のアーティチョークは通年出回っています。


PAGE TOP