ジャバラの旬の時期、種類、カロリー、糖質

Sponsored Link

ジャバラを使った花粉症対策の飴やサプリに注目が集まっているようです。

ミカン属の柑橘類の1種とされているジャバラの原産地は、和歌山県東牟婁郡北山村になります。

北山村は、ジャバラの強烈な酸味と苦味を村おこしに活用しているようです。

ジャバラは、江戸時代の頃より北山村で庭先栽培されていました。

北山村竹原地区に加え、北山川の対岸の県境の向こうの三重県熊野市神川町花知地区にも、植えられていたとされています。

1979年に品種登録されています。

ジャバラの漢字表記には「邪払」・「蛇腹」があります。

ジャバラの名前は「邪」を「祓う」ことから名付けられたとも言われています。

ジャバラ・じゃばら・邪払・蛇腹の名称は、商品のカテゴリーによっては村を権利者として商標登録されているものもあるようです。

 

次に、ジャバラと種類・ジャバラのカロリーと糖質・ジャバラの旬などの紹介をします。

 

ジャバラ

 

th_img_175237_1

 

ジャバラの果実にはナリルチンなどのフラボノイドが含まれています。

ジャバラには花粉症の症状改善効果があるのではないかとされる、岐阜大学医学部の研究報告もあります。

最近はジャバラを使った花粉症予防・改善効果対策商品も人気があります。

ジャバラが花粉症対策に良さそうということで評判が広がり、2001年以降のネット販売の急成長を契機に、他県などでも後追い的に栽培が始められています。

花粉症対策効果が期待できる柑橘類の1種類です。 

花粉症に悩んでいる人はジャバラを試してみませんか。

次に、ジャバラのカロリーと糖質・ジャバラの旬などの紹介をします。

 

ジャバラのカロリーと糖質

 

th_img_175237_7

 

ジャバラは、和歌山県東牟婁郡北山村を原産地とする柑橘類の1種類です。

ジャバラをそのまま食べることはほとんどありません。

ジャバラ100%果汁には、ビタミンCやフラボノイドが豊富に含まれています。

抗酸化作用が期待できるビタミンC・フラボノイドの一種「ナリルチン」が健康・美容に役立ちます。

ジャバラ100%果汁を摂取して、本格的な花粉シーズンに備える人もいるようです。

ジャバラ100%果汁のカロリーは100mlで37Kcalです。

果汁には炭水化物が10g含まれています。

ジャバラ100%果汁に含まれている食物繊維は少ないので、ジャバラ100%果汁の糖質量は10gだと考えられます。

ジャバラ100%果汁100mlには、「ナリルチン」が34000μg含まれています。

次に、ジャバラの旬などを紹介します。

 

ジャバラの旬

 

ジャバラは花粉症対策効果が期待できる柑橘類の種類です。

ジャバラ100%果汁100mlのカロリーは37Kcalです。

ジャバラには甘みがあり独特の香りがありますが、ミカンなどのように果肉をそのまま食べるのは無理です。

ジャバラ100%果汁は、料理やお菓子に使われます。

ジャバラの旬は11月下旬から翌年の1月頃になります。

スーパーマーケットや八百屋さんの店頭には、2~3月頃まで出回っています。


PAGE TOP