茄子の保存方法、常温、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

茄子の保存方法を知っていれば美味しいナス料理を楽しめます。

ナスは春季・夏季・秋季・冬季などの四季を通じて店頭で購入できます。

只、夏野菜なのでナスの旬は7~9月になります。

ナスが一番おいしいのは旬の夏季です。

秋季・冬季・春季のナスはハウスものになるので味は少し落ちます。

選ぶときのポイントは、色つやの美しさとヘタの新鮮さです。

ヘタの切り口が茶色く変色しているものは収穫してから時間が経過しているので避けてください。

炒め料理・煮込み料理・天ぷら料理に使われる美味しい万能野菜です。

茄子には小ナス・丸ナス・米ナス・長ナスがあります。

小ナスは漬け物おススメの小ぶりな品種です。

丸ナスは関西圏や北陸地方で調理されています。

米ナスはずんぐりしたアメリカ産です。

長ナスは関西圏から九州地方で調理して食べられています。

焼きナスを作るなら長ナスをおススメします。

焼きナスのほか、漬物・煮物・炒め物・蒸し物などで使われています。

美味しい茄子料理で健康美人になりませんか。

 

次に、茄子の栄養成分や常温・冷蔵・冷凍保存などの保存方法の紹介をします。

 

茄子の栄養成分

 

nayjimage

 

茄子は栄養成分タップリの美味しい野菜です、保存方法を覚えて料理に使ってください。

茄子は低たんぱく・低カロリーの夏野菜です。

茄子の主成分は糖質です、ビタミンはA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウム・鉄を少量含んでいます。

茄子に豊富な成分は天然色素のアントシアニンです。

アントシアニンはポリフェノールの一種です。

アントシアニンは赤ジソやブルーベリーなどに多く含まれている成分です。

アントシアニンには抗酸化の作用・血栓予防・眼精疲労改善などの働きがあります。

夏野菜の茄子を食べるとのぼせた体を冷やせます。

昔から高血圧やのぼせ症改善には茄子が良いとされています。

 

なすの常温保存方法

 

yjimageYWJ9L6A6

 

なすは夏野菜なので保存方法では常温保存ができます。

茄子を常温保存するときには直射日光を避けた冷暗所で保存してください。

茄子の保存するときの適正温度は10~12℃です。

冬季などで気温が極度に下がる地方では低温障害に注意する必要があります。

低温障害を起こすと鮮度が落ちて食べられなくなります。

冷暗所での常温保存の賞味期限は3日くらいです。

 

なすの冷蔵保存方法

 

なすは夏野菜なので常温での保存方法でOKですが、保存期間を長くするのであれば冷蔵保存をおススメします。

冷蔵庫の野菜室であれば常温保存よりも保存期間を延ばせます。

冷蔵庫の野菜室に入れる前に1本1本新聞紙に包んでビニール袋に入れて口を閉じてください。

冷蔵庫の野菜室での賞味期限は1週間程度になります。

切った茄子は切り口が変色して劣化します。

切った茄子を長期保存するなら冷凍保存です。

冷凍保存するときには調理用にカットして水に浸してアク抜きをしてから冷凍します。

カット茄子の水気を取ってフリーザーバッグに入れて冷凍保存します。

冷凍保存した茄子は解凍しないで直接調理します。

 


PAGE TOP