ハマボウフウ(浜防風)の旬の時期、種類、カロリー、糖質

Sponsored Link

ハマボウフウ(浜防風)の天ぷらが大好きという人も多いのではないでしょうか。

ハマボウフウ(浜防風)は、被子植物のセリ科ハマボウフウ属の野草です。

海岸の砂地に自生している海岸性の多年草です。

野草ですが、野菜と思っている人もいるほど馴染み深い植物です。

海岸地域に住んでいた人の中には、夕食の食材として近所の砂浜までハマボウフウを摘みに行っていたなどの話もあります。

酢味噌和え(ほんの軽く茹でるのみ)・天麩羅・生食・刺身のつま、等に利用されてきました。

ハマボウフウ(浜防風)は、食用のために海岸などで栽培されることもあります。

畑でハマボウフウ(浜防風)を栽培するのも可能であるとされています。

家庭菜園で栽培している人もいます。

 

次に、ハマボウフウ(浜防風)と種類・ハマボウフウ(浜防風)カロリーと糖質・ハマボウフウ(浜防風)の旬などの紹介をします。

 

ハマボウフウ(浜防風)

 

j313-12

 

ハマボウフウ(浜防風)は、全国の海岸に面した砂地に分布しているセリ科の種類の野草です。

砂浜の減少や乱獲などにより、現在では非常に希少な野草となっています。

薬草として知られる「ボウフウ」と似ていることから浜ボウフウと呼ばれるようになったようです。

「ボウフウ」とハマボウフウ(浜防風)は、分類的には別種になります。

ハマボウフウ(浜防風)は、海岸の砂地にごぼうを細くしたような長い根を地中深くに伸ばします。

そして、地表に這うように葉を広げます。

茎の部分は赤紫色をしています。

厚みのある葉の表面には艶があって縁が小さくギザギザしています。

噛むとセリ科特有の清清しい風味が口に広がります。

薬草として知られる「ボウフウ」と同じような薬用効果が、ハマボウフウ(浜防風)にもあります。

ハマボウフウ(浜防風)は、山菜として食用にするほか、漢方薬・民間療法薬として利用されています。

ハマボウフウ(浜防風)のことを、八百屋防風と呼ばれることもあります。

次に、ハマボウフウ(浜防風)のカロリーと糖質・ハマボウフウ(浜防風)の旬などの紹介をします。

 

ハマボウフウ(浜防風)のカロリー・糖質

 

59447596_212389049721580_1734934123731145487_n

 

ハマボウフウ(浜防風)はセリ科の種類になります。

ハマボウフウ(浜防風)のカロリーは100g当たりで23Kcalだと言われています。

糖質は不明ですが、100g当たりで1~2gではないかと考えられています。

ヘルシーな野草なので美味しく調理して食べてください。

ハマボウフウ(浜防風)の根は、漢方では「北沙参」と呼ばれています。

「北沙参」は、去痰・解熱・鎮咳薬などに使われています。

ハマボウフウ(浜防風)の根や根茎などにはクマリン配糖体が含まれています。

民間療法では婦人病の薬や、糖尿病に効能を示すともいわれている。

次に、ハマボウフウ(浜防風)の旬などの紹介をします。

3@ハマボウフウ(浜防風)の旬

ハマボウフウ(浜防風)の天然の自生物は全国で採れます。

流通しているものの多くは栽培物になります。

ハマボウフウ(浜防風)の生産地には、海岸が無い埼玉県川口市の神根地区があります。

埼玉県川口市の神根地区では、品質の良い質の良いハマボウフウ(浜防風)がハウス栽培されています。

茨木県では、土盛り軟化栽培が行われています。

ハマボウフウ(浜防風)の旬は春季になります。

3月頃~5月にかけてが、ハマボウフウ(浜防風)の旬です。


PAGE TOP