サフランの効果、使い方。味、においはある?

Sponsored Link

サフランの香りは好きですか。

サフランはアヤメ科の植物です。

サフランのめしべを乾燥させた香辛料もサフランと呼びます。

サフランの原産地は西南アジアになります。

最初にサフランの栽培がされたのは、ギリシアとされています。

地中海の島で発掘された壁画から、青銅器時代からサフランが栽培されていたと考えられています。

サフランの別名には「薬用サフラン」・「花サフラン」があります。

「花サフラン」は「薬用サフラン」と同属植物です。

サフランは最大20~30cmに成長して、花を一株に最大4つ咲かせます。

鮮やかな深紅の柱頭を花柱とともに摘み取って乾燥させて、食品の調味料や着色料に使います。

サフランの成分には、α―カロテン・β―カロテン・γ―カロテン・色素配糖体のクロシン・ピクロクロシン・テルペン・テルペンアルコール・エステル・クロセチンなどがあります。

香りの主成分はサフラナールだとされています。

 

次に、サフランの等級・サフランの効果・サフランの使い方・サフランの味やにおいなどの紹介をします。

 

サフランの等級

 

safuran

 

サフランには産地による等級のほか、成分分析検査を受けて国際標準化機構のISO3632認証を受ける制度があります。

成分分析検査では、クロシン(色)・ピクロクロシン(風味)・サフラナール(香味・香り)を分析します。

現実的には、ISO規格の成分分析値を気にかけない生産者・流通業者・消費者は多くいます。

サフランの優劣は、科学分析ではなくて経験と知識に基づく判断に任せるべきだとする考も多くあります。

サフランの品質や色と香りは一律ではなく、貯蔵期間や赤いめしべ・黄色に見える花柱の割合に左右されます。

イラン産の等級には、最高級の「サンゴル」・上級の「プシャル(プシャリ)」・中級の「束」・下級の「コンゲ」があります。

スペイン産の等級には、最高級の「クーペ」・上級の「マンチャ」・中級の「リオ」・並の「スタンダード」・下級の「シエラ」があります。

次に、サフランの効果・サフランの使い方・サフランの味やにおいなどの紹介をします。

 

サフランの効果

 

yasai0006L

 

サフランの効果・効能は昔から有効利用されています。

サフランは漢方薬としても利用されているので効果・効能も期待できます。

サフランの効果では、記憶能力の向上が知られています。

サフランに含まれているクロシンには、脳を活性化させる効果が期待できます。

脳の機能が活性化すれば、中枢神経が活性化して記憶力がアップします。

サフランによる脳機能の活性化は、気持ちのリフレッシュにも良い働きがあります。

気分がスッキリしない・憂鬱・うつ病の改善などに、サフランの効果が期待できます。

頭痛時の痛みを和らげる働きもサフランにはあるとされています。

サフランには、血管を拡げる働きもあります。

血管が拡がれば、血流が良くなって血行促進につながります。

血行がよくなれば、冷え性・免疫力の向上などが期待できます。

健康、美容効果や、生理不順の改善・生理痛の緩和・更年期障害改善など、女性にうれしい効果がサフランにあるようです。

次に、サフランの使い方・サフランの味やにおいなどの紹介をします。

 

サフランの使い方、味・におい

 

サフランには健康・美容効果が期待できます。

サフランの使い方には、薬効を利用した料理などが考えられます。

サフランに味はあまりありません。

サフランは、ハーブ独特の香りがします。

健康・美容効果のある美味しい料理をつくりませんか。

サフランは米類や、魚介類・乳製品などとの相性が抜群のスパイスです。

使い方もかんたんなサフランの使い方には、一般的な家庭料理から、チョット工夫したアレンジメニューやデザートまであります。


PAGE TOP